男と女の価値観は真逆
なぜ男は、妻が子育てに夢中になると浮気をするのか?

【男性と女性は、価値観が真逆?】

男・女の価値観が真逆なことを知らずに、夫や妻を悪くみてしまう人は多いようです。
おたがい悪気なく、むしろ善かれと思ってしていることが、相手からは「ひどいことをする」と思われたら、それは不幸ではないでしょうか。

カウンセリングの現場でわかった男女の違いをお伝えしている「ヴィーナス女神セミナー」から、男女の価値観の違いを記事にしたいと思います。
ここでは、

男性的な性質のことを「男性性エネルギー」と呼び、
女性的な性質のことを「女性性エネルギー」と呼びます。

ひとりの人間のなかで、父と母の遺伝子が調和するように、
男性性エネルギーと女性性エネルギーは、両方バランスよく持っていると困らないのですが…
「男っぽい人」や「女っぽい人」ほど、かたよったモノの見方になってしまうようです。


男性性エネルギーは、外へ外へと広がって拡大する力、古い形を破壊し、上昇をし(縦方向の流れ)、境界線をつけて他と区別する。
女性性エネルギーは、内側に向かい、内面を整え、受け入れる、育てる力、他者と調和する(横につながる流れ)、共感し他者と一体化する。
男性性エネルギーのもとになる男性ホルモンは、ナンバーワンを目指し、
女性性エネルギーのもとになる女性ホルモンは、オンリーワンを求める。
--と言われています。

【男の人間関係は、犬に似ている?】

 極端な言いかたをしますが、男性の人間関係は「上下関係」がメインです。
上の人が「命令」し、下の人が「従う」。

だから、男性社会は「タテ割り」となって行くのでしょうか。
 「上下関係しかない」と言ってしまいたいくらい、「順位」や「序列」を大事にしますね。
序列が乱され、下のものが従わないと「下克上(げこくじょう)」と言って大騒ぎする。

 それは男性にとってあたりまえのことかもしれませんが、実は、女性はさほど順位を気にしません。女性でも、男社会で働いていると、それなりに「順位」や「序列」を感じて従おうとしますが、女性同士の関係でとくにセルフイメージが高い人は、序列に興味をしめさないことがあります。

 男性の序列では、いちばん能力が高い人が尊敬され、優先されます。
男性陣は、いちばん能力の高い人(何かに秀でている、強い人でもある)の命令に従います。
ということは、逆にいえば、能力が低い人ほど後回しにされるということです。

ところが、女性はというと--


【妻はなぜ怒っているのか?】

女性にも「序列」の感覚はありますが、
家庭に入り、主婦の立場になると「子育て(育児)」という場面があるわけです。

自分の子どもでなくても、幼い子どもがいる時、彼女たちはどうなるか--
何もできない赤ちゃんは、大人のケアが必要ですから、
女性は、いちばん能力の低い(何もできない)赤ちゃんを最優先します。
自立している子どもや、自分で何でもできる大人は、母のケアが必要ではないため、後回しになります。
 ということは、自立して能力の高い人ほど、後まわしにされるのです。


 男性は、能力の高い人が最優先で、能力が低い人が後まわしですから、
男・女の価値観は真逆なのです。

 男性だって、自分の子どもがかわいいと思えば「弱い者を守ってケアする」という意識がありますが、
基本的な価値観である「能力の高い人が最優先で、能力が低い人が後まわし」ということを考えると、
理屈ではわかっても、感情がなっとくいかないかもしれません。


 夫は、妻に後まわしにされると、「貴方は能力が低い」と見られているようで、
自分が大事にされていないような気分になってしまうかも。

それで、「夫の赤ちゃん返り」があったり、「ダンナは大きい長男」などと言われたり。
 しかも出産直後の女性は、ホルモンが変わって、子どもが最優先に感じるようになってもいるそうで、夫が手伝ってくれると「仲間だ」と認識できるけれど、夫が足手まといになると「敵」と感じてしまうとか。
 その時点でのパートナーシップで、その後の結婚生活が決まってしまいます。

 男性の中でも、男性性エネルギーと女性性エネルギーのバランスがとれている人はいますし、そういう人は、夫婦で助け合って子育てをしていると思いますが。

「立場の弱い者を守る」という価値観がしっかり根づいていれば、いじめの問題はないはずですから、男性性エネルギーと女性性エネルギーのバランスがとれている人は、少ないかもしれません。

男・女の価値観は真逆なのだ、ということを解っていないと
妻は「なんで赤ちゃんを先にしないの?」と不思議に思うでしょうし、
むしろ「夫は面倒ばかりかけるダメな人」とか「子どもを大切にしない人=悪い人」くらいに見えているかもしれません。


 男性側は、自然体のじぶんを否定されてしまうので、
妻に怒られてばかりいると「攻撃して来る人=敵」と感じても不思議はないわけです。


 女性は、弱い者を優先して面倒みるので、夫に何かあって弱った時も面倒をみるから安心できる存在のはずなのに、
妻に後回にされたことで、自分が低くみられているような気分になってしまうかもしれないのです。
そこから、心にスキマができて、スキマを埋めるために浮気に走るケースもあります。


 夫は、男性ホルモンの作用で「序列」を大事にしているだけなのに、
妻がそれをわかっていないと、「赤ちゃんがいたら、面倒みるのが当たりまえでしょ」と女性ならではの価値観を押しつけて、夫を「愛情がない人」と誤解して否定しかねません。


男が悪いとか女が悪いとかいった話ではなく、
「男女の役割りは違う」ということを知らないために、誤解がおきていたのでした。


 女性でも、男性性エネルギーをほどよく持っている人は、男性側の気持ちが理解できますから、上手にコミュニケーションをとっていると思います。
(それでも、妊娠や出産やストレスでホルモンの状態が変わってしまうと、それをコントロールするのは大変なことですが)


もし、あなたの近くで「男女の価値観の違い」を知らずに、パートナー(妻や夫)を非難している人がいたら、誤解をといてあげてくださいね。

 さらに詳しい「男女の違い」と、その「具体的な対処法」は、「ヴィーナス女神セミナー」でお伝えしています♪(CM)
     ↓ ↓ ↓
【女神テキストリンク集】
【ヴィーナス女神セミナー】詳細・ご予約

---その他の参考記事-------
【引き寄せの科学~裏ワザマスター~全記事リンク】
 http://leoriel.blog105.fc2.com/blog-entry-907.html
 (2013年4月書籍出版。通販はこちらで
【願いがかなう祈り方】~引き寄せスピリチュアル編~全リンクは、こちらで
 http://leoriel.blog105.fc2.com/blog-entry-884.html
-----------

~*~*~ 愛と感謝と祝福をこめて ~*~*~精神世界ランキング
お読みいただきありがとうございます。掲載記事は、さらに詳しい内容を書籍・CD・DVD等で頒布する予定です♪
LEOリエルのオフィシャルサイト/・メール
スピリチュアルメッセージのメニューメッセージブログ
最新メルマガページ
イベントのお知らせ
ご予約の手順&スケジュール・カレンダー
アクセス
セッションへのお申し込みフォーム
お問い合わせ&ワークお申し込みフォーム
ツイッター http://twitter.com/#!/angelriel
☆誉め褒めツイート
https://twitter.com/leo_riel
【2017/01/27 06:19】 | ・男女の違いを知る | コメント(0) |
なぜ、ダメ男を「女の腐ったの」と言ったのか…
ヴィーナス女神セミナーコラム用の記事です。

最近では、差別用語になるのかもしれないので、あまり聞いたことがないのだが、
昔は、なよなよした男や、すぐ泣いたり、頼りなく、無責任な男性を
「女の腐ったのみたいだ」「そんな、女の腐ったような態度」と言っていたのを覚えている。
今は、草食男子という括りかもしれない。

 イメージとしては、めそめそしていて、女性がよくやる逃げの一手、または女性でもそこまではやらないなという卑怯な(外道な)態度をあらわしている。
男性は、本質が「戦士」で、家族を守るために戦ったり、狩りに行ったり、逞しさをあらわす。
男性性エネルギーは、「外へ外へと広がる力」。これは、男性ホルモンの為せるワザでもあり、重要な役割りだ。
だから、女の腐った男は、外へと広がる力を持っていない姿でもある。

 それに対して、フェミニスト達は、「女の腐ったの」という表現は何だ?!
男の腐った姿という方が正しいんじゃないか?
男のダメな姿に、わざわざ女を引き合いに出してくるとは、失礼な!
という意見があったと記憶している。

 あえて、遺伝子の話から、「女の腐ったの」という表現を考えてみたところ、
ちょうど女神のメッセージがあったので、それを書いておきたい。

人間の性別を決める遺伝子は、XXが女性で、XYが男性。
つまり、Yの遺伝子があるかどうかで、男性になるかどうかが決まると言える。
 専門家ではないので、大ざっぱな感覚でとらえていただきたい。

そして、Xという遺伝子は、それ一個で人間の身体を作れてしまうという。
だから、Xを2個も持っている女性は、生き物として強いのだ。
どちらか1個のXが傷ついても、もう1個残っている。
 子供時代は、女の子より男の子の方が弱いというのは、遺伝子から来ているのではないかという話もある。

Y遺伝子は、男性であることを決めるのだから、もしこれが傷ついてしまうとたいへんだ。
男性なのに、Y遺伝子が機能しないとなったら、それは残りのX遺伝子で生き延びるということになり、「半分の女」状態になるということ。
 「オンナの腐ったの」というより、「半分オンナ」とでも言うべきか。
「くさる」という言葉は、くさくさしているとか、拗ねて素直ではない状態もあらわすから、
人間として中途半端ということにもなるのだろうか…

女としても半ぶんで、男ではない、という状況を新しく言い表わす言葉が必要かも。
【2016/10/06 22:06】 | ・男女の違いを知る | コメント(0) |
男女の違い(コラム用)
ヴィーナス女神セミナーのまとめテキストを作るさいに掲載したいコラム用の記事です。
セミナーの中では、時間がないとお伝えできないため、ここに書いておさらいをしていただきたいと思います♪

--・--・--・--
男は、みんなの前で自分だけ褒められたい。
女は、みんなの前で褒められたくない。

いや、男性だって、みんなの前で表彰されることでやきもちを焼かれるとか面倒なことになったら、それは嫌でしょうけれど。
それでも、「A君、キミが一番だった」と表彰されるのは嬉しい。
たとえば、女性達や彼女から「N君より、あなたのほうが優しい」「Bさんより、あなたのほうが仕事できるよね」など、ときに「Gさんはこういう所がダメだけど、あなたはそこが出来ているよね」と、比較をされると解りやすいので、
「そりゃそうだよ、あいつらとは違うんだ!」と嬉しくなる。
褒めてくれた人に好感を持つ。
「みんな、A君のように頑張ってね」とハッパをかけられると、
「おいおい、オレ達だって頑張ってるのに、見てくれてないのかな」と不満を持ちつつも、「もしかしたら、ちゃんと認められれば皆の前で褒めてもらえる」という可能性があるので、
ライバル心をかき立てられるから、なんとか頑張ろうとする(まずは頑張ろうとしてくれる)。

 だから、男はつい「それが、相手を喜ばせる言動だ」と思ってしまう。
そうすれば、男性も女性も幸せになれると思ってしまう。
そして---彼女に対しても、「だれかと比べて褒めたら、彼女は喜ぶはずだ」と思っているかもしれない。いや、周囲を見渡すと、そう思っている男性はとても多いようなのだ。

しかし--
女はそうではない。
みんなの前で、男性から「Aさん、キミが一番いいね」と言われるとする。
“褒められる”ことは、女性だって嬉しい。
でも、周囲を見渡して、同僚や先輩がいると…その目(視線)が気になる。
妬まれてないかしら? ここで無邪気に喜んだら、生意気だと思われないかしら?
「だって、もし女性陣から妬みや反感を買ったら、そのあとの生活がとても大変なんだもの。明日からイジメが始まってしまうかもしれない。私が失敗しても、どうせ男性たちが助けてくれるんでしょって思われて、放ったらかしになるかもしれない。
できれば、褒めるんだったら二人きりの時に、さりげなくしてほしい」
 男性が「Bちゃんも見習えばいいのに」「Cさんには無い魅力だね」などと言い出したら、たいへん!!
「ああ、これでBさんを敵に回したわ。Cさんには何と言ってフォローすればいいかしら。もう、考えるだけでもストレス、やめてよー!!」
というのが女性達の世界。

 女性が「そんなことないですよ」とか「みんなの前で言わないでくださいよ…」と言ったとしても、それで気づいて止める男性はまだ良い方。
「これは、もっと褒めてくれという意味だな」とか
「照れているけど、嬉しいんだな」とか、思っていませんか?男性のみなさん。
間違えないでくださいね、女性は、本当に迷惑だと思ってます(笑)。

女性達は、周囲の視線を気にして、おおっぴらに褒めない。それが一番平和だと思っている。
それが良い事だと思っているので、男性たちに対しても同じことをしてしまい、あまり褒めなくなっていく。

男女は、どちらも素晴らしい存在で、どちらが偉いとか、ダメだとか、そういうことではない。
ただ、おたがいに、生きている世界が違うのだということを知っておかないと、楽しく過ごせないことを解って欲しい。

男性が、女性を褒めたかったら、他の人がいない所で、
「Aちゃん、いいね。キミが一番だよ」だけで良いのだ。
ヘタに、「Bちゃんよりステキだよ」とか「Cさんには無い魅力」なんて言おうものなら、
女性から「それ、どういう意味? Bちゃんのことよく見てるのねー」とイヤミを言われてしまう。
「Cさんには無い魅力って、なぁに?」とか質問しながらも、Cさんにその魅力があったら、乗り換える来かしら?と疑われてしまう。
よけいな心配をさせて、怒らせてしまいかねない。

「キミが一番だよ」と言っておいて、
「えー、私が一番ステキなの?でもBちゃんの方がセンス良くない?」とカマをかけられたら、
男性は「え?Bちゃん?ごめんキミしか見てなかった」と答えれば良いのだ。
A子が「やだぁ、私しか見てないのに、何で一番って言えるのー?」と言われても、
「男にとって一番だから、そこにしか目が行かないんだよ、きっと」とか答えておけば良いのだ。
そして、話題を変えてしまえば、彼女を喜ばせたことになる。

この男女の違いは、根本的に、女性と男性が「女神と戦士」という関係で、役割りの違いから来ている。それを知ると、とても良い能力だということが解ると思う。

今度は、「なぜ男性は、失敗をすると怒って誤摩化そうとするのか」について書いてみたい(笑)。

【女神テキストリンク集】

【ヴィーナス女神セミナー】詳細・ご予約

---その他の参考記事-------
【引き寄せの科学~裏ワザマスター~全記事リンク】
 http://leoriel.blog105.fc2.com/blog-entry-907.html
 (2013年4月書籍出版。通販はこちらで
【願いがかなう祈り方】~引き寄せスピリチュアル編~全リンクは、こちらで
 http://leoriel.blog105.fc2.com/blog-entry-884.html
------------

~*~*~ 愛と感謝と祝福をこめて ~*~*~精神世界ランキング
お読みいただきありがとうございます。掲載記事は、さらに詳しい内容を書籍・CD・DVD等で頒布する予定です♪
LEOリエルのオフィシャルサイト/・メール
スピリチュアルメッセージのメニューメッセージブログ
最新メルマガページ
イベントのお知らせ
ご予約の手順&スケジュール・カレンダー
アクセス
セッションへのお申し込みフォーム
お問い合わせ&ワークお申し込みフォーム
ツイッター http://twitter.com/#!/angelriel
☆誉め褒めツイート
https://twitter.com/leo_riel
【2016/10/06 19:07】 | ・男女の違いを知る | コメント(0) |
崖っぷちから飛び降りる戦士のビジョン
ヴィーナス女神セミナーのテキストのコラム用の記事としてのメモです。

戦士と女神のビジョンの話しの中で、最近はセミナー時間が押してくると、カットせざるを得なかったお話を、メモとして書いておきますね。
2008年の富士山頂ワークの後、女神のパワーが富士山に戻った時に、メッセージとして降りて来たヴィジョンの中の一つとして見たものです。


お姫様が、崖っぷちに咲いている花を見て、
「あれが欲しいわ、取って来て」と言うと、
戦士たちが「はい、わかりました。お姫様」と言って、ダダーッと取りに行く。
最初の一人か二人は、花を手に入れて戻ることができるけれど、
後の戦士たちは、お花を手に入れることが出来ない。
お姫様に持って帰って、褒めてもらうことができない。

そうなると、戦士たちは、お姫様(女神)をふり返ってから、
次々と崖から谷底に飛び込んで行く。
 そのビジョンを見て、ビックリした。
まるで、シンクロナイズドスイミングの団体の演技で、オープニングの時にプールサイドに並んだ選手達が、次々と綺麗に水面に飛び込んで行くかのような…雰囲気だったので。
何をしているのか?なんとも可笑しい。

 メッセージが来て、意味が解った。
彼らは、お姫様のために花を手に入れることができなかったので、
せめて「僕は、貴女のために死ねます」と言いたかったらしい。
「ぼくは女神のために、命をかけられます」という行動だった。

なんと…女性側からしたらばかみたいな行動なのだけれど、
戦士たちには意味のある行動だった。
戦士(男性)は、女神(女性)に頼まれたことを遂行できなかったら、
男らしい人(男性性エネルギーの強い人)ほど、不名誉なことだと思って、死を選んでしまう。(戻って来なくなる)
という姿だった。

これは、女性性のエネルギーの強い人には、まったく理解できない行動ではないだろうか。
逆に、女性でも男性性エネルギーが強い人には、かろうじて理解できるかもしれない。

そんな戦士たちを助ける方法もある。

富士山頂ワークの女神のヴィジョンは約3つ。
・プリンセスのために花を取りに行く戦士たち
・戦いでケガをした戦士を見舞う女神と、亡くなった戦士を悼む女王の姿
・戦いに敗れた戦士たちに対する、女神(女王)の言葉
残りの2つは、今回のお話よりさらに重要なので、ヴィーナス女神セミナーの第四章でお伝えしている。


---その他の参考記事-------
【引き寄せの科学~裏ワザマスター~全記事リンク】
 http://leoriel.blog105.fc2.com/blog-entry-907.html
 (2013年4月書籍出版。通販はこちらで
【願いがかなう祈り方】~引き寄せスピリチュアル編~全リンクは、こちらで
 http://leoriel.blog105.fc2.com/blog-entry-884.html
------------
【女神テキストリンク集】

【ヴィーナス女神セミナー】詳細・ご予約

~*~*~ 愛と感謝と祝福をこめて ~*~*~精神世界ランキング
お読みいただきありがとうございます。掲載記事は、さらに詳しい内容を書籍・CD・DVD等で頒布する予定です♪
LEOリエルのオフィシャルサイト/・メール
スピリチュアルメッセージのメニューメッセージブログ
最新メルマガページ
イベントのお知らせ
ご予約の手順&スケジュール・カレンダー
アクセス
セッションへのお申し込みフォーム
お問い合わせ&ワークお申し込みフォーム
ツイッター http://twitter.com/#!/angelriel
☆誉め褒めツイート
https://twitter.com/leo_riel
【2016/08/13 00:06】 | ・男女の違いを知る | コメント(0) |
なぜ彼らは「出来るだけ多くの人を殺したかった」と言うのか
ヴィーナス女神セミナーでは、社会問題の根本に男女の役割りの違いがあるということもお伝えしていて、その中に出てくるエピソードとしての分析を記事にしておきます。

男性は、女性と違って、高次元と繋がりにくい身体をしていますから、
魂に目覚めたり、自分らしい生き方を知るまでは、
まるで「アンテナの無い犬」のような状態です。
高次元からのメッセージは入って来ませんし、体感覚や直感が鈍り、ヒラメキが少なかったりします。
脳の思考力は、高い視野で使われるのではなく、私利私欲のきわめて狭い価値観の中にいたりします。
(個人差があるので、全員という意味ではありません)

その男性たちが、自分らしさに目覚めたり、セルフイメージが高くなると、
社会に貢献する「戦士」になります。
女性や子どもや立場の弱い者を守ることができる、誇り高い生き方です。
そういう男性は実際にいますよね。
ここでは、実は「自分を理解し、応援してくれる女性」がいると、とてもスピードが早くなります。

さらに、戦士だった男性がリーダーとなると、
今度は「伝説の英雄」になります。
歴史に名を残すような、立派な仕事を成し遂げます。
「プロジェクトX」や「情熱大陸」といった感じでしょうか。
ここでは、応援してくれる人々のうち、的確にアドバイスをしてくれる人や、自分を頼ってくれる女性がいると、男性は俄然やる気を出すと思います。
命がけでも、達成しますよね。

ダメ男から、女神と知り合って戦士になり、伝説の英雄になる--というプロセスは、
映画「アバター」に良く描かれていますので、参考にしていただければと思います。

しかし、自分らしさを見失い、応援者もなく、セルフイメージの下がった男性はどうなってしまうのでしょう?

彼らの行きつく先は、自己顕示欲を満たすための行動です。
犯罪に走ってしまうこともあります。
そのとき、残虐非道で、人として考えられないようなことをする人が少なからずいますね。
犯罪心理学者なら、分析できるのかもしれません。
 しかし、犯罪心理学には素人の私でも、「戦士と女神の関係」を知っていると、
彼らがなぜそういう行為に走ったのか、ハッキリと説明できるのです。

一般の人は「どうしてそんなことをするのか解らない」「人間じゃない」などと言うかもしれませんが、
むしろ人間だからこその行為なのです。
同じ犯罪でも「ただ、刑務所に入りたかった(居場所がない)」「人を殺してみたかった(死を体験したい)」とは違い、
「できるだけ大勢殺したかった(記録を残したい)」と言うとき、彼らの中で何が起きていたかが解りました。

---つづく。


【2016/07/15 03:22】 | ・男女の違いを知る | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ
Leo-japanリエルの   ハロー☆スピリチュアル・レインボープロジェクト


カウンセラー漫画家で歩く神社リエルの、論理的スピリチュアル解説♪ 「引き寄せの法則」の裏ワザ、アセンションに必要な「トップシークレット」等セッションの紹介もしています☆ http://www.leo-japan.com

おすすめ開運アイテム

「引き寄せの科学」→通販中

税・送料込み・おまけ付き¥1200-

最新記事

ヴィーナス女神セミナー告知   ★女神記事リンク

ツイッターleoリエル

カテゴリ

ツイッター「るちたま日記」

プロフィール

Angelリエル

Author:Angelリエル
神代∴光=漫画家。
リエル=スピリット・カウンセラー。
「歩く神社」
NPO認定のカウンセラー。
家族関係心理士。
レイキ・ティーチャー。
レインボーエンジェルセラピー・マスター。
リンパデトックス・セラピスト。
守護天使は☆Virtuesほか、
 ☆光のルシフェル・弥勒如来
 ☆天手力雄命
アセンションサポートのスピリチュアルセミナーも開催してます。
☆ブログアドレスはリンクフリーですが、メッセージの責任が負えないと困るので、文章等のコピー転載は必ず出典を明記して下さいね。
☆常識・自己紹介のないコメントは削除の対象になります。ご注意ください→http://leoriel.blog105.fc2.com/blog-entry-472.html

LEOフェイスブックページ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

HMCA オーラソーマ 今日のボトルのメッセージ

感謝☆ご来者数☆感謝

応援ありがとうございます☆     精神世界ランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -