宇宙人は来ない
JCOMのネット不調でメール送受信ができずに、返信が遅くなってすみません
最近ネット環境が不安定だったりするので、とりあえず書ける時に記事をアップして、あとで修正することにしました。
--------


 「宇宙人は来ない」っていうか、わざと極端なタイトルにしただけで、「今のままでは宇宙人は来れない」というのがホントのところ。

 野月さんからメッセージを伝えていただいたので、さっそく先日、桜*さんと明治神宮で結界張りなおしワークをやって、そろそろ本気で銀河からのメッセージを受けとることになりました。

それで、記憶の封印が解けて思い出したことがいくつか。

 今の波動のままでは、地球にやって来る宇宙生命体は侵略に近い連中くらいだ、ということは確かで。
宇宙からは、たくさんの存在やらエネルギーやらがサポートして来ているけど、宇宙船とか姿かたちを示してまでやって来れる異星人は、地球人側が依存体質から抜けてからでないと、波動が合わないということ。

 昨年出版されたある本の中では、地球が天変地異に襲われたとき、まるで宇宙からの助けが来て、大きな円盤に救ってもらえるかのような記述があったのだけれど(笑)。
 その時、「あれ?おかしいな…」と感じたのに、
闇の抵抗勢力イルミナティに対して無関心だったのと、銀河連邦に対して無関心だったのと、有名人が言うことしか信じない連中に言ってもムダだろうという感覚で、記憶喪失の状態でいたかも(笑)。

スピリチュアルメッセージを降ろしているはずの人達が、制限された情報の中で地位を争ったりしている現状では、波動の高いUFOは降りて来れないんですね。

 私が学生だった時、初めてフリーメーソンの話しを聞いて、当時、大人の人達に何とかしてもらいたいと思っていたのに。
その頃は、陰謀を調べていた人は、暗殺されるか狂人扱いで、闇に葬られていたんでした。
 チャネラー嫌いになって、マンガに没頭して10年。イルミナティは思い過ごしだと思い込もうとして、さらに10年。
ニューエイジがスピリチュアルと入れ替わっても、まだ「陰謀」は続いていたんですね…。

23年前に、私が聞いたのは---
イルミナティを代表とする闇の抵抗勢力は、7000年前から(実際には36000年前には)「宇宙の中心である神様的エネルギー」から来る情報を受けとることを妨害していた。
 地球人類に破滅の予言をして、エネルギーを奪い合う争いをさせて、言語の統一を乱して、(一応)一神教で地球人を取りまとめようとしている。
 そのために、聖書(バイブル)に「ヨハネの黙示録」という文面を入れ、次々と天変地異が起きて人類が救いを求めたら、そこで助け上げることで意志を統一させる、という作戦。

「ヨハネの黙示録」では、7人の御使いが来てラッパを吹くと、水害、風災害、火の災害、疫病…戦争、独裁者の登場、とかいろいろ書いてあったはず。(「聖書」は捨ててしまったので、記述が曖昧です)
 ハルマゲドンという記述も出て来る「最後の審判」は、人が死ぬときに振り分けられるのではなくて、天変地異で死んだあと魂の状態で、天国行きと地獄行きに振り分けられることを指していた。

フリーメーソンの一部であるイルミナティは、それを実現するためのシナリオを、ちゃくちゃくと遂行していたらしい。
「シオンの議定書」しかり。

 人工衛星や宇宙ステーションを作って、人類滅亡に備えておいて、戦争や自然災害で地球人が大変なことになったら、宇宙人の技術をぬすんで作った円盤(UFO)を使って、選ばれた人間(白人)だけを助け上げる(推挙する?)ことになっていて、
準備がととのったら黒人がアメリカの大統領になる、というシナリオを聞いた。
 その順番は、災害→お金に困る→戦争、という流れになっていて、貨幣は統一通貨にするとか。


 でも、当時はまだそれほどカンタンに自然災害が来るとは思えなくて。
まさか、その「ヨハネの黙示録」状態をつくるために、イルミナティがテロ捏造で戦争をしかけたりはともかく、プラズマ兵器を開発して人工台風・人工地震を起こせるようにするとは。ウィルス兵器を開発して、疫病を作りだすとは…想像したくなかったかも。

 今も宇宙・銀河からのサポートは来ていて、チャネリングすれば、これから具体的に何をすれば地球全体が救われるのか(アセンションにつながるか)聞くことができるはずだけど。

 友好的な宇宙人が、まるで「お子ちゃまのようにただ助けを求める地球人」を円盤で救うわけがない。
サポートに来ていいのは(来させてもいいのは)、地球人を尊敬していてサポートすることを約束している存在だけで。
今の地球にやって来て、地球人の責任を放棄させるような存在なら、それは侵略系だということ。

 だから、「宇宙人が宇宙船でやって来て、正義のヒーロよろしく、混乱の地球人を救ってくれる」なんてストーリーは、子供向け番組ならたのしいけれど…実際にそうなったら危険きわまりないこと。ありえない…あってはいけないことですね。
そのストーリーの元ネタは、陰謀者達が書いていたのだということ。

---そのことを、いまごろ思い出しました(笑)。

 人類はウィルスと同じだから、そう簡単に絶滅(滅亡)するわけがない。だから陰謀者達は地球規模の大異変を起こしたくて、彗星まで引き寄せようとしてるんですねー。


 今は地球人の波動をアップさせることが大事で、そのための銀河のサポートは、ほとんどがチャネリングメッセージでやって来て(エネルギーでやって来る)。時々、UFOとして宇宙船の姿を見せてくれるけど
 高次の存在たちが波動を落として姿を見せるのは、それなりにリスクがあるらしい。

 イルミナティの陰謀を正面から覆すには、莫大な資産か絶対的な地位が必要なので、
逆にスピリチュアルで魂に目覚めて「引き寄せの法則」を使うか、
こころを浄化して高次元とつながったり、大地と対話して災害を逃れたり、
そういう避け方もありますね。
--------
・良い情報を本にして伝えたいので、応援のクリックをお願い致します♪
精神世界ランキング
LEOリエルのオフィシャルサイト(スピ専用)
リエルの告知掲示板
ワーク&セミナーのお知らせ♪
イベントのお知らせ

関連記事
【2009/01/26 13:37】 | ・スピリチュアルメッセージ | コメント(0) |
ありがとうの呪縛
「ありがとう」の呪い(笑)…っていうメッセージがルシ様から。

 いや実際。「ありがとう」というコトダマが、波動を上げるのに有効だというのは確かですが。
感謝の意をあらわすという使い方の他ほかに、
「有り難う」という文字からも、「難」が「有る」ときに使うと、波動を良い方に変えてくれるのは、自分でも試したのでナットク済みです。

 だから、唱えられる人はどんどん使ってほしいですね。
無邪気に。運気をアップする呪文だと思ってもいいので。
 一日に10分でだいたい1000回は言えるでしょうから、10日で1万回。
一ヶ月くらい続けて3万回も言えば、かなり状況が変わると思います。

 小林正観さんは著書のなかで、5万回唱えて病気を癒した人の話を書いていたと思うので、一ヶ月もあれば3~5万回くらいは楽勝でしょう。

---と、思いきや。
実は、「ありがとう」を唱えられない人もいるんですよね。
それは、まだまだインナーチャイルドの癒しが足りてない人で。


 よく、スピリチュアル系の書物には、「感謝が大事」と書かれていて、たいていは…
創造主のような存在(宇宙または根源)に、地球や自然に、ご先祖に、家族(特に親)に、周りの人たちに…とか言うんですが---
あれ?よく見ると「自分に」が抜けている?

 まず第一に、自分へ「ありがとう生きてて」「ありがとう息をしてくれて」「ありがとう手足が動いて」と、言ってあげなければ意味がないんですよね。
 世界は自分自身の幻想で作られているんだから、とりあえず構成者全員あげておかないと(笑)。

自分に感謝できない人(時)は、たいてい病気になっているし…

 とにかくもともと「感謝」が足りない人が、なんとか「感謝の波動」でいようとするのは、とても良いことだから素晴らしいと思うし、サポートもしてるんですが。
 罪悪感を持っている人は、かえって自分を責める波動に陥りやすいようなんですよね。

「ありがとう」の呪縛というか、「ありがとう」の落とし穴みたいなものがあって、相談されることもしばしば。
 「ありがとう」を言わなければならないというプレッシャーによる不調和
 「ありがとう」が言えない状況を、まだ癒せない不調和
 「ありがとう」をいう対象が制限されている不調和

---これがあると、先に進めないわけで。

 困っているのは、こういう状況のときなので…カウンセリングの現場ではそれ専門でサポートしているので、あえて先に記事にしておくことにしました。
 少しでも、呪縛から解放されていただきたいです。
   詳しい質問は、セッション等でどうぞ。
--------
・良い情報を本にして伝えたいので、応援のクリックをお願い致します♪
精神世界ランキング
LEOリエルのオフィシャルサイト(スピ専用)
リエルの告知掲示板
ワーク&セミナーのお知らせ♪
イベントのお知らせ
セッションへのお申し込みフォーム
お問い合わせ&ワークお申し込みフォーム

関連記事
【2009/01/25 05:21】 | ・るちたま日記 | コメント(0) |
楽しみながら殺人
やっぱり、日本人はお金に縁がないのだというメッセージ。
 もちろん、自分もその一人だったわけですが。 さすがに、ビジネスセミナーに参加して勉強しただけの効果はあったようで、矛盾が解って来ました。


総理大臣が宗教政治の言いなり(もとはイルミナティのいいなり)になって、日本人の総資産を暴落させるための始まりとして、やらなければならないから強行している「2兆円の給付金」という税金の無駄遣い。

それに対して、政治家をはじめとする日本人の反対論が情けなくて。
 そりゃ、もともとは、アメリカのオバマ大統領と連動して、新ドルの切り替えのために、アメリカも日本も2015年くらいに国民の総資産を半分に暴落させることが目的で、そのことを公言できないのが問題とはいえ…。

 費用対効果というか…。
2兆円使ったら、どこにどういう効果があって、どういう結果が出るのか。 いつまでに、どこにどんな具体的な効果が期待できるのか。
 ちゃんと多角的にシミュレーションして、納得いく数字で表してからでなければ、反対も賛成もないはずなのに。実際、たんなるごまかしで効果がないことが解っているから、反対しているわけで。
 しかも、結果が思わしくないときの責任は誰も取らない。
 もし、アメリカ国防省がこの程度の作戦で戦争したら、真っ先に大負け。一企業なら、銀行は貸し付けもしない。マンガなら、Cクラス没のアイディア。大人の考えることではないでしょう。

 過去の事例から、さらに改善されたこととかがあれば、数字でどんどん出すべき。
2兆円という数字の方ではなくて、効果の数字でなければ意味がない。それを見て、国民が判断するようでなければ。

 もともと、経済効果のためではなくて、人民を操る効果のための謀略ではあるけれど。
つまり、もうこの時点で国民が「現金」に食らいつく状態だと見抜いてしまい、為政者があざけり笑っているという図式。
 マンガのようなお笑いの世界観で、思いつき先行のやっつけ仕事で、政治ができてしまう。それを許す国民の情けなさ。
 子供たちには、地位さえ確保してしまえば、立場の弱い人間を搾取していいし、責任も取らなくていいし、そういう人でも大統領や首相になれるんだと教えているようなもの。
 
 そんな政治家しか選べなかったんだから、この不況は、選んだ責任を国民が負っているともいえるけれど。
せめて、個人的な問題だけでもサポートするために、情報を流すしかないのが現状です。

 ところで---お金を上手に扱えないということは、
=人間関係も上手に扱えないということで、=宇宙のエネルギーも上手く扱えないということですね。

 良い関係性を作るために使ってほしいと思います。自然対人間とか人間対人間とか。
 (いや実際イルミナティは、上手いですよね。思考力の低い状態の人類を支配して、思考力の高い人間との関係を優遇するというような)

 ちなみに、ただたくさんお金を稼いでも、貯金や税金は最後はイルミナティに持って行かれて、彼らが支援する武器商人(企業)に行って、どこかの国の子供たちを殺すために使われてます。
  寄付のためのお金を送るのは、もともとイルミナティの陰謀で貧しくされた国家の政治家に送っていることの方が多いですし。

 我々は、汗水たらしてがんばって働いたり、楽しく仕事したりして銀行にお金を預けたり、無邪気に買い物をしながら、そのたびに、どこかの国民や子供たちを殺す手伝いをさせられてるんですね。
生き物を絶滅させているだけじゃ足りなくて。

 政治の仕組み、経済の仕組みを変えないとなりませんね。
せめて、政府に見つかって邪魔されないように、地域だけでも。
 楽しくじぶんの能力を発揮して活躍すればするほど豊かになって、そのエネルギーやお金が困っている人達のサポートにもなって、それがまた豊かさの循環につながって、戦争とか破壊的な争いを必要としない世界につながるように…
畑をたがやしたり、人間関係で助け合うことがいかに大事かがわかります。

---1/21の日記から;
オバマ大統領が就任しましたね。
まだまだイルミナティ色が濃いですが、そろそろ陰謀者達を駆逐して、エネルギーの掃討作戦に入らなければならないらしく…ルシ様からのコメントが。

L:「いまだに人を肌の色で差別するような、根拠のない情報を一掃できない、文化的に遅れた未熟な連中(国家)が地球を支配していること自体がおかしいのだ」
--------
・良い情報を本にして伝えたいので、応援のクリックをお願い致します♪
精神世界ランキング
LEOリエルのオフィシャルサイト(スピ専用)
リエルの告知掲示板
ワーク&セミナーのお知らせ♪
イベントのお知らせ
セッションへのお申し込みフォーム
お問い合わせ&ワークお申し込みフォーム

関連記事
【2009/01/23 22:30】 | ・るちたま日記 | コメント(0) |
これからの予告
お茶会ご参加ありがとうございました♪
予約が入りましたので(笑)、1/21お茶会開催決定となりました。

・センチュリーハイアットのランチバイキングを体験しつつ
今月は、新年会ということで…
・今年のテーマ「天満宮」と「ウソ守り」について
・今年の過ごし方
・そのほか、スピリチュアルな質問等
、いろいろお話しできて楽しかったです☆

-------------------

先日、浄化シートに「最近、メッセージが来ても書きたくない病、になっている~
面倒なんだよ~。長文だから。時間ないし。
しかも体力使って、一銭にもならないし(っていうか、赤字なのが問題?)」
-----とか書いてたら、人に会うことになっちゃいました!
G:「書かなくていいから話しなさい」ってこと~? 神様ごめんなさい<(_ _;)>


これからの予定です。
・2/22は、クシイナダ姫の祀られている東浦和「女体神社」にコスモスエンジェルでのワークの予定があります。
・イルミナティの役割りについてのメッセージを書く予定。
・男性向けのセミナーの内容告知。
・合宿関係の金額告知 ---などなど。
新たなリンク追加が遅れているので、すみません。

---
オバマ大統領が就任しましたね。
まだまだイルミナティ色が濃いですが、そろそろ陰謀者達を駆逐して、エネルギーの掃討作戦に入らなければならないらしく…ルシ様からのコメントが。

L:「いまだに人を肌の色で差別するような、根拠のない情報を一掃できない、文化的に遅れた未熟な連中(国家)が地球を支配していること自体がおかしいのだ」
--------

・良い情報を本にして伝えたいので、応援のクリックをお願い致します♪
精神世界ランキング
LEOリエルのオフィシャルサイト(スピ専用)
リエルの告知掲示板
ワーク&セミナーのお知らせ♪
イベントのお知らせ
セッションへのお申し込みフォーム
お問い合わせ&ワークお申し込みフォーム
関連記事
【2009/01/21 06:17】 | ・スピリチュアルメッセージ | コメント(0) |
生きることを教えて
◆お知らせ;古いパソコンの不調でサイトの更新が遅れることが多いので、とりあえずTopページにブログをリンクしました。


 先日、高校進学年齢の子供たちや親御さんとお話ししていて、やって来たメッセージ。

学校の勉強や学歴も、この日本の今の時代は大事だけれど…
まず、「人間として生きること」を優先して教えるべきだと痛感しました。

・健康の管理、食事、歯磨きや入浴の習慣
・言葉の習得、願望を叶えるための対話や会話の言葉遣い
・自分の感情の管理
・お金の管理、時間の管理
・自分の部屋の整理(過去の記録と未来の予測)
・そうじのしかた、フロ・トイレの掃除

----そういうものが身に付いてから、学校の勉強をしないと、
この世界、イルミナティの陰謀で「歯車生産」の社会だから、
自己管理ができない人間を奴隷化する文化の波にのまれてしまう。

まだまだ親はイルミナティ文化どっぷりだから、勉強さえできれば、学校さえ行ってくれれば、子供たちが幸せになれると思い込んでいるかもしれない。

でも、現実は「派遣切り」「正社員過労死」。終身雇用がない欧米では、自分の老後は自分で守るのが当たりまえ。
 国家政府や政治家を管理せず、自分の年金を守ることを怠って来た日本人が、今、右往左往するのは当たりまえ。

 そんな世界を目の当たりに感じているのが子供たちだから、
学校で無難に生活している子供の方が心配でもある。
 
 特に、男の子を育てている親御さんには、勉強の前に「男としてたくましく育てる」ことの方が大事だというメッセージが来てました。
 (「ヴィーナスセミナー」を受講した人なら、その方法解ってますよね♪) 
---------
・良い情報を本にして伝えたいので、応援のクリックをお願い致します♪
精神世界ランキング
LEOリエルのオフィシャルサイト(スピ専用)
リエルの告知掲示板
ワーク&セミナーのお知らせ♪
イベントのお知らせ

関連記事
【2009/01/18 02:12】 | ・スピリチュアルメッセージ | コメント(0) |
成人になるということ
  20090110月

成人式によせてのメッセージ

ルシ様の毒舌
「成人式で、自主性のある成人を育てた立派な県と、若者を育てられなかった惨めな土地があきらかになった」

大人になるというのは、自分の責任で判断して、自分の責任で生きるということですね。
自分の言動を、自分でコントロール(制御)すること。

子供のときは、親やだれかの価値観で生活していて、何かあってもその価値観のせいにできたけど。
反抗期(自立期)をとおして、自分なりの考えを持ち、それを試して結果を出したり、
あらたな価値観を見いだしたりして行くのが成長なので。

そんな教育は、ほとんど成されてませんが(笑)。
このページを見てしまったあなたは、真の価値観で生きるチャンスを得たわけです。

 成人になるということ、大人になるということは、自分の言動に責任を持つということ。
責任持てないことは安易にしないということ。
罪を犯したら、責任をとらされるということ(責任とらせなければならないということ)。ですね

スピリチュアル的にいうと、
そもそも、成人式の必要性は、男性にあったのです。
(女性はアンテナがあるので、宇宙と繋がっていつでも何にでもなれるので)
「元服(げんぷく)」の儀式によって、男の子がこどもから→戦士になるための意識の切りかえの儀式でした。
 お父さんお母さんに守られて生活していた「こども」の立場(たんなる冒険者)から、今度は家族や一族を守り、弱い立場のものを守る「戦士」の意識を持つための、儀式だったのです。

スピリチュアル的にいうと「光の戦士」という感じですね。
戦士というのは、戦いで人を傷つける人という意味ではありません。
「境界線を守る実行者」という意味になります。


もともと男性には「戦士としての自覚」がありますが、[戦いの場所][チャレンジする対象][華麗な戦い方の訓練]がないと、自信を失い、動物以下の意識になります。
 (陰謀者たちは、この波動の下がった人間を見て、この世界を支配しないと地球が大変になると勘違いしたわけです)

男性が自信を失うのはしのびないので、サポートの女神を目覚めさせるためにも「ヴィーナスセミナー」を開催していたわけですが…
今年は、直接男性に向けたメッセージとしての記事もサイトに書くと思います。

 面倒だけど…
 オオクニヌシが頼みにきちゃったよ…
 とりあえず書くので、だれかビジネスに繋げてください(笑)


幸せになりたいのに、まだ困っている人がいたら、サポートするつもりですが。
(もう幸せな人はともかく)興味のない人、邪魔する人、幸せになりたくない人、成長したくない人に伝える気はないので。
 それと、どんなに的を射た情報でも女からは聞きたくない、スピリチュアルでは聞きたくないという人のこだわりも大事にしてあげたいので。

 いちばん困るのは、メッセージを公開した時、
それをコピーして自分のものとして使ってしまい、著作権を主張して情報料や高額なセミナー料をとる商売に使われてしまうこと。それでは誰も豊かになれない。
 こっちはほぼボランティアだから、本末転倒でやる気がなくなる。

互いが豊かになれる方法をいつも追究してもらいたい。

・良い情報を本にして伝えたいので、応援のクリックをお願い致します♪精神世界ランキング
LEOリエルのオフィシャルサイト(スピ専用)
リエルの告知掲示板
ワーク&セミナーのお知らせ♪
イベントのお知らせ

関連記事
【2009/01/12 19:28】 | ・スピリチュアルメッセージ | コメント(2) |
娘を大切に
1/9~12はビジネス合宿セミナーに参加するので、音信不通になります。メールのお返事等は12夜からになります。
Mさん☆石上神社のお守りとお砂、ありがとうございます♪。


ヴィーナスセミナーと合わせて、昨年からずーっと来ていたメッセージをとりあえず書いておくことにしました。

世の中のお父さんへ--- 娘がいたら、娘は大切にしてください。

娘は、(相手が)どんな父親でも、最終的に許してくれる「許しの女神」だから。
 父親が酒乱でもDVでも浮気性で不倫をしても事業で失敗しても…それで妻からなじられたり見捨てられたりしていると、とりあえず母親の味方をして一緒に父虐めしてみせたりするけれど…実は心の底では尊敬したがっている。

娘(女の子)は潜在的に「女神」だから、子宮というアンテナがあるから、結果判ってしまうのだ。父親だけが悪いのではないということが。

母親に対してもそうだけど、子供は父親のことも尊敬したいと思っている(両親を尊敬したがっている)。
なのに、その父親が尊敬に値しないのではないか?と思うと、失望も大きくなり反発したりする。


---それでも、結局は娘は父を許すのだ(子供は親を許そうと努力する)。
DVの父親を許すためにもっとひどいDVの男とつきあったり、お金にだらしないダメ男とつきあったり、父親の不倫を許すために自分も不倫してみたりする。無意識に。
「娘の男運は父親で決まる」という本があるけど、その理由、根底にあるのは…娘が父親に対するわだかまりを解消するために、自分の人生を使ってしまうという事実による。

結果、許されるのだから何をしてもかまわない、ということではない。
 ただ、真剣に生きてほしい、前向きに生きてほしい、自分の信念に誇りを持てる生き方を選んでほしい、ということ。
そうしたら、女神である娘は、それに気がつくようにできている。


娘の波動が下がると、その一族は滅びることになるので。
宇宙や大地と繋がっている女性(娘)が波動を下げると、「この一族は要らない」というエネルギーを引き寄せるので、その結果が現実化している家族は多い。
まわりを見渡してみてほしい。確認できると思う。

子供がもっとも影響を受けるのは、同性の親の態度で、
子供がもっとも許しやすいのは、異性の親の行為、といえる。


 カウンセラー養成講座での荒木先生の講義では、
--お父さんから「お前はかわいい」と言われて育った娘は、オーラが輝く--と聞いた。
よく、アイドルでもあんまり可愛くない子なのにハツラツとしている子がいて、とってもかわいい子なのに自信がなさそうな子かいるのは、後ろに「応援してくれるお父さん」の影があるかどうかだったのだ。(応援の度合いにもよるだろうけど…)
--------
一方で
娘は、母親の「異常な呪縛」から逃れるために「結婚」という手をつかうことが多い。たいてい、非常識で甲斐性のないダメ男と駆落ちのように結婚するのがパターンで。
 このパターンは、最終的に「甲斐性のない生活態度」「夫の暴力」などで離婚して、実家に戻る場合が多い。
子供がいたら、最悪、母子家庭で生活保護のパターンになる。
 というのも、実家に子供をあずけたくても(預けても)、もともと親との関係折り合いが悪いのだから、ストレスをため込む。
 独立しようにも経済的にゆとりがなかったり、お金があっても後ろめたさ(罪悪感)があったり。そういう家族に限って、子供を高額な私立の学校に通わせようとする。
-----
そんなパターンを何件も担当すると…問題が起きていると感じない方がおかしいだろう。

一体、どうしてそういうことになるのか?すべては両親のインナーチャイルドの問題なのだけど。
 夫婦の関係がしっかりしていないと、しわ寄せが子供に行く。


女が「女神として」魂に目覚めていないと、男は「本物の戦士」になれない。
男性にはアンテナがないので、目に見えるものしか認識できなくなる。
戦士になれない男は、破壊ばかりで結果的に生産がない。
立場の弱いものを守るべき役割りを忘れ、弱いものをエサにする。
人間が、唯一人間だけで生産できる物は「赤ちゃん」しかないのだということを、忘れている。他のものは人間の細胞以外の材料が必要なので。

35000年前から、アンテナのない男性たちが国の代表になっているから、真実が見えなくて、戦争だらけ、環境破壊の地球になっている。
ちゃんとしたリーダーは、バランスよく女性性も持っている。
一般論として男性(戦士)には、女性(女神)のエネルギーが必要なのだ。

その根本的な理由の証明は、ここではまだ公開できないけれど…(まだ傷つく人がいるので)
---
アンテナのある・なしで考えれば、男性よりも先に女性を目覚めさせた方が早いといえる。
…とはいえ、パートナー(妻・彼女)のいる男性は、パートナーを女神として目覚めさせる方法がないわけではない。

それを伝授するかどうか…まだ迷っている。

・良い情報を本にして伝えたいので、応援のクリックをお願い致します♪精神世界ランキング
LEOリエルのオフィシャルサイト(スピ専用)
リエルの告知掲示板
ワーク&セミナーのお知らせ♪
イベントのお知らせ



関連記事
【2009/01/08 23:38】 | ・スピリチュアルメッセージ | コメント(0) |
エヴァリュエーターとは
  20090106半月mini

楽天ブログの「エンパシー」記事↓を転載

 エンパシー [同調性・共感能力]

私はもともとエンパシーの人間。それは幼児期のトラウマから来ているが…。

子供達もそうだが、人間にはもともとエンパシーの能力がある
母親の胎内にいて、同じホルモンやリズムで生活しているから、当然何かと同調している
赤ちゃんのリズムは、胎内で、宇宙のリズムから地球のリズムに変化していくらしい

生まれて来てしばらくはその共感能力が続き、母親とのコミニュケーションに使われる。

 もともとは素粒子の世界と同調していたので、幼児が物に対しても擬人化して友達のように付き合うのは、ものの区別がつかないからだが、その意味は深い。

 人間は成長するにつれ、この物質世界に適応するために、エンパシーの能力をマヒさせて、一部のものに限定させたり方向性をつけたりするのが一般的。

ところが…エンパシー能力がはっきりと残る場合がある。

一つは、自然のサイクルとともに生活する環境にいて、気の流れを感じて生きている場合。
一つは、スピリチュアルな役割や能力の強い一族に生まれて、遺伝的な場合。
 他にも、肯定的条件で残る場合は問題ないのだが…

もう一つ、否定的な条件で、病的に残ってしまった場合、本人や周囲の人間関係がとても苦しい思いをすることが多い。
(もちろん、このスピリチュアルな時代に至ってはそれも意味あることなので、否定的に捉える必要はないのだけれど)

人格障害などに分類されるケースでは
 母親の人格的未熟さによって母子分離(意識の成長)がうまく行かずに、親の感傷的対応に振り回される子供などは、持ち前のエンパシー能力を、親の顔色をうかがい親の感情を探るために使うことになる。
その成り立ちからして、境界例(ボーダーライン)の人格障害系に多くなる。

 その場合でも、本人が表現手段を持っていると、芸術家として社会環境に対応できることもあるし、的確なサポートで人生に活かす方向にも行けるのだが。
 逆に否定的に扱われると、当然否定的結果につながってしまう。
自殺や自虐的習慣になる場合もあれば、精神疾患や犯罪…といった表現に変わってしまう場合もあった。

 エンパシーは共感能力だから、共感する場所(波動)の設定によって、見えない世界との対話に使うことができる。チャネリング能力のもとでもある。

 大昔は、霊媒体質を作るための訓練として、わざとエンパシーを残すトラウマを植え付けたりしていた。
 しかし、エンパシーで繋がる先の波動が低いと、当然「情報制限」がかかるので、かえって世界が混乱することになった。
エンパス自身の波動が低いと繋がる先が低く情報制限があり、否定的な情報過多に陥るからだった。
 これは、きちんと扱わないとならない能力。

 人格障害系のエンパシー能力は、もともとは母親の感情を計る目的で使用され、そのためにセンサーに制限が付けられている。100%で使われてはいない。
それで外部社会の(家族以外の)相手に共感してみても、実は感じているものの認識はほぼ不正確(=勘違い)なので、人格分離のようになりやすいのだった。
 宗教家のカリスマにその偏執的傾向が多いのも、偶然ではない。

 エンパシーは、インナーチャイルドを癒して観念のフィルタをはずせれば、高次元との対話に使うことができる。
自然や地球や宇宙と共感できる能力。

 人間同士で互いに持ち合えば、暴力的な争いが減るし、助け合いが始まる。
相手を殴った瞬間に相手の痛みが解るのだから。
餓えた子供の苦しみが、地球の裏側から感じられるのだから。

 イルカとかは、けっこう使っているらしい。
 そういう意味で、シリウス系はエンパスが多いかも(笑)。

人間ももともとみんな持っていて(何かの障害で神経ニューロンがない場合は特別として)マヒさせているだけなので、そろそろそれを思い出して使う時期に入って来ている。
----------------
 エンパシーの力で、光と闇の両方に同調することができると、「エヴァリュエーター」になる。
ジョシュア=クレメントが1991年に命名した「エヴァリュエーター」の定義は、資料を捨ててしまったので詳しく覚えていないが
 彼によると、私はエヴァリュエーター第1号だそうだ。

・良い情報を本にして伝えたいので、応援のクリックをお願い致します♪精神世界ランキング
LEOリエルのオフィシャルサイト(スピ専用)
リエルの告知掲示板
ワーク&セミナーのお知らせ♪
イベントのお知らせ

関連記事
【2009/01/06 00:21】 | ・スピリチュアルメッセージ | コメント(0) |
2009新年のごあいさつ
明けましておめでとうございます
いつも応援ありがとうございます\^o^/ 
おかげさまで、充実したお仕事を楽しく遂行させていただいております!
ことしも、さらに精進してまいりますので、
よろしくご指導下さいますようお願い申し上げます。


年末年始が忙しく、今年は年賀状を描くヒマがなかったので、写真だけ。
2009年賀リエ
朝日に染まる富士山で、コノハナサクヤ姫&アマテラスパワーをお届けします。


昨年後半からの恐慌で、世界はひっくり返りそうな状況ですが^^;…
そういう時ほど「自分にとって本当は何が一番大事なのか」知ることができるチャンスでもありますね。
 今年は根っこをしっかりとさせる年だということで、今から「自分が本当にやりたかったこと(それによって皆で豊かになる)」をテーマに動き始めると、どんどん道が整って行くそうです。 今のうち、今年のうちに着々と準備をはじめておくと、来年までに良い流れがつくれますね♪
 アンソニーロビンズ系のメルマガでは、
「私はいま、何に感謝しているだろう?」
「私の人生で、いま何が素晴らしいだろう?」
「私は誰を愛しているだろう?私は誰に愛されているだろう?」
「この出来事の良い点はなんだろう?」
と書いてありました。

もちろん、困難に向き合う勇気の出ない人・自分を見つめるのが難しい人は、先にインナーチャイルドの癒しが必要なので、サポートするわけですが。
 どんな状況でも、前向きに活用する底力をやしなう時だそうです。

だいたい、昔の大恐慌時代や戦後はこんなもんじゃなかったわけですから、この程度のことで右往左往してしまうのは、我々がヤワになっただけということ。
過去の時代の人達を笑うことはできないですねー。

 とはいえ…歴史の教科書を見てください。
大震災(天災)→大恐慌(経済不安)→戦争(資源・食糧争い)というイルミナティのシナリオはいつでも同じですから、そうならないように助け合いましょう☆

 スピリチュアル(精神世界)でいうと、日本人はもともと八百万の神々を立てていたわけですね。これは、精霊信仰と似ていますが、ようは昔の人類が「素粒子にも[意識]と[意志]がある」と知っていた(感じていた)からです。
 見えない世界のエネルギー(素粒子)を、良いイメージで引き寄せて「物質化」していただきたいと思います。

2005年は弁財天、2006年は不動明王、2007年は稲荷神、2008年は薬師如来…とテーマ社があったりしたんですが…
 それでいくと、今年は「天満宮(天神社)」というメセージが来てます。

古いしがらみを断ち切りたい人は、不動明王も。

 先にも書きましたが、菅原道真は受験生・就職試験用で、それよりも
そこに「鷽守り」(ウソという名前の鳥がモチーフのお守り)があったら、それを持つといいそうです。
20090103鷽守り←コレ(参考写真です)。神社によってデザインはいろいろ
 お守りの説明では、「うそかえ神事」という特殊神事があって、
・鷽は“幸運を招く鳥”とされ、前年の鷽を神社へ返納して新らしいものととり(鳥)替えることによって一年の吉運を招き、開運・出世・幸運を得ることができる。とか
・災いや凶事をなかったことにする。とか
・去年の嫌な出来事を嘘として忘れ、今年のまこと(希望)へと取り替えようという神事。とか

---そういう意味でお守りとして持っていることもできますが、弥勒菩薩からのメッセージでは、何か嫌なことが起きたときその鳥(お守り)に「ウソにしてくれてありがとう」とか「良いことにしてくれてありがとう」と言う使い方ができます。(詳しくは対面の時に)

 このお守り、調べて判っているところでは、本家;太宰府天満宮・東京;亀戸天満宮・町田天満宮・横浜市;岡村天満宮・大阪堺;大阪天満宮と菅原神社…まで。
あちこちにあると思うので、他に知っている方は、情報下さ~い♪

・良い情報を本にして伝えたいので、応援のクリックをお願い致します♪精神世界ランキング
LEOリエルのオフィシャルサイト(スピ専用)
リエルの告知掲示板
ワーク&セミナーのお知らせ♪
イベントのお知らせ

関連記事
【2009/01/01 21:37】 | ・スピリチュアルメッセージ | コメント(0) |
| ホーム |
Leo-japanリエルの   ハロー☆スピリチュアル・レインボープロジェクト


カウンセラー漫画家で歩く神社リエルの、論理的スピリチュアル解説♪ 「引き寄せの法則」の裏ワザ、アセンションに必要な「トップシークレット」等セッションの紹介もしています☆ http://www.leo-japan.com

おすすめ開運アイテム

「引き寄せの科学」→通販中

税・送料込み・おまけ付き¥1200-

最新記事

ヴィーナス女神セミナー告知   ★女神記事リンク

ツイッターleoリエル

カテゴリ

ツイッター「るちたま日記」

プロフィール

Angelリエル

Author:Angelリエル
●神代∴光=漫画家。
●リエル=歩く神社。
スピリチュアルインストラクター。
NPO認定のカウンセラー。
家族関係心理士。
レイキ・ティーチャー。
レインボーエンジェルセラピー・マスター。
リンパデトックス・セラピスト。
守護天使は☆Virtuesほか、
 ☆光のルシフェル・弥勒如来
 ☆天手力雄命
アセンションサポートのスピリチュアルセミナーも開催してます。
☆記事には著作権があります。
ブログアドレスはリンクフリーですが、メッセージの責任が負えないと困るので、文章等の転載は必ず出典ページの明記をお願いします。
☆常識・自己紹介のないコメントは削除の対象になります。ご注意ください→http://leoriel.blog105.fc2.com/blog-entry-472.html

LEOフェイスブックページ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

HMCA オーラソーマ 今日のボトルのメッセージ

感謝☆ご来者数☆感謝

応援ありがとうございます☆     精神世界ランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31