ある事例
先日、ある方から聞いたお話で、同じ事例がいくつか重なったので、とりあえずメモを兼ねてのメッセージを書いてみたいと思います。
興味深いことに、あるケースのお客様が来られると、似たケースの人が次々と現われ、それによって一つのパターンが見えたり、分析がしやすくなるということがあります。
以下は、一人の事例ではなく、複数の体験の中で重なる部分を書いていますので、何かの参考になれば幸いです。

家族を甘やかす母親。
ヴィーナス女神セミナーでは、「女性はいつも波動高く存在していないとならないので、疲れきってはいけない。だから女性は、人生を楽しんで、周囲に感謝していることが必要」とお伝えしている。それくらい、ハッキリ言わないと、女性--特に「主婦」や「お母さん」ともなると、家族のために自分を犠牲にして、疲れきって倒れたり、早死にしたりしかねない。
そういう文化が、まだ日本には残っている。
この、脳科学が発達した現在においてですら、なのだ。

愛情深いお母さんが、家族のために尽くす心を持っているのは、ある意味当然と言えるかもしれない。
しかし、その「お母さん」が、インナーチャイルドが傷ついたまま大人になった女性の場合、自己犠牲が異常なことがよくある。
インナーチャイルドが傷ついて気づいていない場合は、家族の虐待に走る場合も多いけれど、むしろ自己犠牲のパターンは発見されにくいかもしれない。

あるお母さんの言葉が、ヒントになった。
「自分が具合が悪いとき、誰も看病してくれない。むしろ、家族が不機嫌になる」
家族の誰か、とくに親のように影響力の大きい人が体調を崩したら、愛ある家族なら誰もが心配になり、サポートをするはずだ。
子どもの具合が悪い時には、愛ある親なら看病するはずだし、配偶者ならサポートするのが法律上の責任でもある。
しかし、それができないとなれば、何か原因があるはず。
配偶者のインナーチャイルドが傷ついていて、愛情が薄い場合もあるが、子どもが親を手伝わないのは、甘えているから。
(例えば、家族に障害があって一般的なサポートが出来ない人であっても、愛情や心が通っている関係なら、相手を心配したり配慮するであろう)

冷たい家族なのだろうか?
お母さんの体調が辛い時にでも、ワガママを通そうとする息子や娘なのだろうか?
夫がそういう手本を見せてしまっているのだろうか?
ある息子さんは、ワガママな父親のマネをしていて、母親を手伝うということが解っていなかった(習っていなかった)。
最初は、お母さんの心配をしていた娘も、だんだん慣れてしまって構わなくなっていったという話も聞いた。

よくよく観察し、話を聞いてみると、
はじめ子どもたちは、母親を気遣って「大丈夫?」とか「何とかしなければ」「手伝わなくちゃ」と思っていたという。
しかし、経験不足の子どもの浅知恵なので、思いつく対処もない。ミスをして、かえって叱られることもあるからリスクが大きい。ここは、大人がアドバイスをして、彼らが実行できるお手伝いをさせてあげなければならない。
ここで、「じゃあ、買物に行ってくれる?」とか「お手伝いしてもらえる?」「これを手伝って」「静かにしていてくれる?」「医者を呼んで」など、用事を言い付けてあげれば、家族は自分の思いやりや愛情を表現することができる。
ところが--ないがしろにされる母親・自己犠牲になる母親は、たいてい「大丈夫」とか言って無理してしまい、子ども達や家族がサポートするチャンスを奪っている。
まるで「家族のために犠牲になっている私」を演じたがっているかのようだ。

それが続くとどうなるか--
家族は、一番相手の希望をかなえる存在なので、
「お母さんが犠牲になりたいなら、その願いを叶えよう」として動くことになる。むしろ、動かない(手伝わない)ことにエネルギーを使う。
本当は、手伝いたいのに、この人にはそれができない。させてもらえない。
愛を表現したいのに、それを禁じられてしまう。それは、人としてとても辛いことだ。心が病むか、愛が枯れてしまう。
その苦しさに気づかず、自己犠牲を続ける母親を見たら--腹が立つだろう。
自分を守るためには、もうその人の前で心が動かないように、冷たく冷やしておかなければならない。マヒさせておかなければならない。

次に、母親が「疲れた」と言ったら、
「手伝おうか?」という代わりに、反射的に
「また、自己犠牲ごっこに付きあうの?」と思って、怒りを感じるかもしれない。

これまで、母親に依存して、なんでも叶えてもらえると甘えていた家族なら、感謝の心がないので、母親が体調不良で動けなくなったとき「ああ、ぼくの(私の)言うことを聞いてくれないのか、面倒くさいな」と奴隷扱いで不機嫌になっているかもしれない。
それは、セルフイメージの低い世界だ。
そんな人間が、社会でも良い人間関係を作れるわけがない。うわべだけの付き合いで、疲弊して、鬱や虐待におちいる危険性がある。

そんなケースがけっこうある。
みんな、インナーチャイルドが傷ついてしまう。
その傷に気づかないまま、癒せないままで過ごしていく。
負の連鎖は、孫子の代まで続く。

解決のしかたは単純で、誰でも、自分に合った方法でインナーチャイルドを癒し、セルフイメージを上げることなのだが、「自分の幸せは自分の責任であり、ハイアーセルフも高次元もそれを応援している」と気づいていないと時間がかかる。
誰かのせいにしている間は、癒せないので。

お母さんだけじゃない、神さまや仏さま(お釈迦さま)もそうだったが、感謝のない人々や価値の解らない人々の前では、「不在になって価値を証明する」という荒療治も必要なのかもしれない。

---メモ、ここまで。
関連記事
【2013/11/12 22:11】 | ・スピリチュアルメッセージ | コメント(0) |
<<¥お金の管理のしかた/裏ワザ追加 | ホーム | 11/11〜のツイートまとめ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Leo-japanリエルの   ハロー☆スピリチュアル・レインボープロジェクト


カウンセラー漫画家で歩く神社リエルの、論理的スピリチュアル解説♪ 「引き寄せの法則」の裏ワザ、アセンションに必要な「トップシークレット」等セッションの紹介もしています☆ http://www.leo-japan.com

おすすめ開運アイテム

「引き寄せの科学」→通販中

税・送料込み・おまけ付き¥1200-

最新記事

ヴィーナス女神セミナー告知   ★女神記事リンク

ツイッターleoリエル

カテゴリ

ツイッター「るちたま日記」

プロフィール

Angelリエル

Author:Angelリエル
●神代∴光=漫画家。
●リエル=歩く神社。
スピリチュアルインストラクター。
NPO認定のカウンセラー。
家族関係心理士。
レイキ・ティーチャー。
レインボーエンジェルセラピー・マスター。
リンパデトックス・セラピスト。
守護天使は☆Virtuesほか、
 ☆光のルシフェル・弥勒如来
 ☆天手力雄命
アセンションサポートのスピリチュアルセミナーも開催してます。
☆記事には著作権があります。
ブログアドレスはリンクフリーですが、メッセージの責任が負えないと困るので、文章等の転載は必ず出典ページの明記をお願いします。
☆常識・自己紹介のないコメントは削除の対象になります。ご注意ください→http://leoriel.blog105.fc2.com/blog-entry-472.html

LEOフェイスブックページ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

HMCA オーラソーマ 今日のボトルのメッセージ

感謝☆ご来者数☆感謝

応援ありがとうございます☆     精神世界ランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -