ミッションについてのメモ
あらためて、ミッションにかかわることなので、メモ。
これまでは、魂に目覚めることは(20年前に比べて)カンタンだと解ったため、それを推進して行く流れだった。これからの役割りをしぼって考えてみた結果---

まず、宇宙と地球と人間の身体は、相似形(フラクタル)でできている。
それはつまり、人間は宇宙の縮小版で、宇宙は人間の拡大版ということ。
そのことは、フィボナッチの黄金比率がしめしている。

PHI(ファイφ)とよばれる黄金比、1:1.1618は、地球を取り巻く全ての環境で
調和した図形を描いていて、人の身体にも植物にも、水晶の結晶などにもあり、
宇宙が作ったものは、すべて調和していることが解る。
その黄金比によって導かれるエネルギーの流れは、トーラスであり、
ベクトル平行体をもとにした64という数字に導かれる

われわれの脳は、右脳と左脳に分かれ、
右脳は、全てを見ている
左脳が、その情報を制限するのだが、制限する定義によって、自己の能力を閉じこめてしまう。
脳が認識できるのは、膨大な情報量のなかの、ほんの数ビットだけだと言われる。
なので、そのほかの無限の可能性にまでは、気が付かずに過ごしているといえる。

世界は、自分の拡大図であり、鏡のような関係なので、
自分を癒せば世界が変わり、
世界の問題は、自分の中のどこか一部の問題という認識が必要。
(このときに、ホオポノポノのようなコトダマで、波動を与えて状況を変換することが可能。
日本なら般若心経か祝詞でも良いが)

創造したい世界は、クラドニが実験したように、素粒子に波動を与えて、図形化することができる
(引き寄せすることができる)

人類のこれまでの困難は、エネルギーが分散され、調和して使えなかったことのために起きた問題。
それが、大いなるチャレンジであったとわかると、神の許しを体得したことになり、
インナーチャイルドが癒され、セルフイメージは上がるので、
無限の可能性に対して制限していた価値観をはずしやすくなる
つまり、神(高次元)との繋がりを取り戻すことができる
(無限のエネルギーを動かすことができる)

そのための、重要なポイントに、男性性・女性性のエネルギーの調和した使い方があるとわかったので、
女神のためのメッセージと戦士のためのメッセージを解説しなければならない、と思った次第。

関連記事
【2015/05/10 02:16】 | ・スピリチュアルメッセージ | コメント(0) |
<<05/11〜のツイートまとめ | ホーム | 05/01〜のツイートまとめ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Leo-japanリエルの   ハロー☆スピリチュアル・レインボープロジェクト


カウンセラー漫画家で歩く神社リエルの、論理的スピリチュアル解説♪ 「引き寄せの法則」の裏ワザ、アセンションに必要な「トップシークレット」等セッションの紹介もしています☆ http://www.leo-japan.com

おすすめ開運アイテム

「引き寄せの科学」→通販中

税・送料込み・おまけ付き¥1200-

最新記事

ヴィーナス女神セミナー告知   ★女神記事リンク

ツイッターleoリエル

カテゴリ

ツイッター「るちたま日記」

プロフィール

Angelリエル

Author:Angelリエル
●神代∴光=漫画家。
●リエル=歩く神社。
スピリチュアルインストラクター。
NPO認定のカウンセラー。
家族関係心理士。
レイキ・ティーチャー。
レインボーエンジェルセラピー・マスター。
リンパデトックス・セラピスト。
守護天使は☆Virtuesほか、
 ☆光のルシフェル・弥勒如来
 ☆天手力雄命
アセンションサポートのスピリチュアルセミナーも開催してます。
☆記事には著作権があります。
ブログアドレスはリンクフリーですが、メッセージの責任が負えないと困るので、文章等の転載は必ず出典ページの明記をお願いします。
☆常識・自己紹介のないコメントは削除の対象になります。ご注意ください→http://leoriel.blog105.fc2.com/blog-entry-472.html

LEOフェイスブックページ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

HMCA オーラソーマ 今日のボトルのメッセージ

感謝☆ご来者数☆感謝

応援ありがとうございます☆     精神世界ランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -