宗像&住吉ワーク報告/リンク追加
リエル&桜*さゆりCOSMOSANGEL 九州出張☆スペシャルワーク】
 二日目は、宗像大社と住吉神社ワーク。
---といいつつ、実はその前にレインボーエンジェルセラピーの時、穴口恵子さんからお勧めされた「鎮国寺」を浄化しに行ったのでした。

 鎮国寺は弘法大師が「鎮護国家の根本道場たるべき霊地」として建立したとのこと。
岩窟で修法したというので、「洞窟浄化なら私が行かねば」と思ったんですが…手前の奥の院までしか行かれませんでした(しくしく)。
20090620鎮国寺奥の院奥の院
それでも、しっかり浄化のワークでパワーアップしてもらったので良かったです。
 護摩堂では、空海さんから鈴を買うように言われ、「この鈴を鳴らせば、国家鎮護のためのワークだと知らせることができるから、道が開かれるよ」と、水戸黄門の印籠のようなアイテムをゲットしました。
・桜*さんの報告記事(鎮国寺ワーク)

 そこから、道を戻って宗像大社へ。久留米の女神Sさんに車を出していただいたので、てきぱきと動くことができました(ありがとうございました☆)
20090620宗像鳥居お天気に恵まれて、灼熱地獄…^^;

今日の宗像大社&住吉神社ワークは、「神聖なるパートナーシップ」として、陰陽の統合がテーマ。宗像三女神(女性性の三位一体「聖杯」)と住吉わだつみ三神(男性性の三位一体「剣」)のエネルギーの調和のための岩戸開きでした。
 本殿に行くと、さっそく結婚式が! これから起こることを、現実に見せてくれてました~。
20090620宗像結婚式
 とりあえず、ごあいさつ参拝をしていると、左の儀式殿には「お宮参り」の赤ちゃんまで。陰陽の調和の先には、新しいエネルギーの誕生なんですね♪
 本殿の裏を浄化しつつ、さらに奥の第三宮・第二宮に行くと…その前に、階段の上の「高宮祭場」まで行くようにとのメッセージ。
このくそ暑い時に、虫のいそうなそんな所へ~?と思いつつも、ここでサボって再挑戦なんてことになるのもイヤなので(笑)、がんばって登って行きました。
20090620宗像高宮祭場高宮祭場
パワーストーンのエネルギーや桜*さんのブレスレットエネルギーをサポートに使って、みんなで光を降ろして、奥の大木のトゲのような枝のエネルギーを劔で祓う感じのワークでした。
 インドの聖者アンマさんのダルシャンのときに購入したサラスバティ弁財天のカードを祀ったり、桜*さんはアンマの聖水にルルドのお水などを加えた聖水ブレンドで浄化・祝福。
 やっぱり奥の本命にエネルギーを降ろすと、あとを整えるのが早いですねー。

第三宮・第二宮は写真撮るのを忘れてましたが…。
先に人気のないうちに「かごめかごめ」の儀式をして、高宮祭場からのエネルギーもつないで。

 と、第三宮の祭神のエネルギーの通りが悪い。聞くと、すねている波動。みんなで祝福のエネルギーを捧げて、なんとか開いてもらいました☆
機嫌をなおしてもらったので、ご褒美に花冠が来たということでした。
 第二宮にご挨拶すると、隣のお礼に花束のビジョン。よく見るとバラとユリとカーネーションの花束で、女性が女神として男性に渡すための、使い方のメッセージがありました。
 
ぐるっと本殿に戻って、三女神からのメッセージを受け取ることに。
願い事をかなえる、光の玉がご褒美で、桜*さんからの使い方を指導してもらいました。

一段落して、御朱印をもらいに行ってもらうあいだに、遠隔ヒーリングのエネルギーを流すと…赤・白・黄色のイナズマが見えました。大きなマリア様のようなエネルギーに包まれて、赤ちゃんのように抱かれ、癒されるビジョンでした。
・桜*さゆりさんの報告http://ameblo.jp/angelart/entry-10291902347.html

博多駅までもどり、遅い昼食。暑かったので、車の中が涼しくて助かりました。
住吉神社目の前のファミレスは、人手不足なのか片付けが間に合わない感じ。時間ギリギリまで涼んで、スピリチュアル話をしてました。

16時過ぎ、住吉神社参拝。…と思ったら、駐車場が17時で閉鎖! っていうか、あとで聞いたら17時には帰りたいからその前に閉鎖だったとのこと。
20090620住吉神社一部工事中でした
 桜*さんとの岩戸開きワークをし、扉を開いて数珠ロザリオのエネルギーを渡すと、男性神たちが喜んでくれてました。
桜*さんのビジョンでは、三人の赤ちゃんが成長して行く姿を見たとのこと。
 と、どこかの会社の男性社員達がご祈祷を受けに来ていて、いよいよ男性達も魂にめざめて動くことがはじまる(許可される)ようです。
20090605六芒星ペンダント今回のワークのシンボル
男性には、戦士として国や国民・家族を守る役割りを果たしてもらわなければなりません。
また、リーダーとして前向きなビジョンを語らなければならない。
そのためには、道を間違えないように、サポートの女性が女神として宇宙からの質の高~いエネルギーを降ろせなければならないのでした。

それが、聖なる父・聖なる母の姿。
 魂の約束に目覚めると、無限のパワーを手に入れることになる。ひとりの人間の中で、男性性と女性性が癒されると、こだわりがはずれて目覚めやすくなるのでした。
 女神に癒す力がないと、戦士は戦えない(前に進めない)ので、疲れきった人間だらけのこの地球では、ちょっとまだ無理かもですが。

宗像&住吉ワークにご参加いただき、ありがとうございました☆

住吉は、このあとの宇佐八幡への縁つなぎでもあり。
住吉神は、ホツマでは速秋津姫(ハヤアキツ姫)の父、金析命(カナサキのミコト)が祭神ということでもあり、豊玉姫やタマヨリ姫の祖でもあるんですよね。
・桜*さゆりさんの報告http://ameblo.jp/angelart/entry-10293180986.html

 夜は、明日のヴィーナス女神プチセミナーの会場としてお借りする、神井真名さんの「ナチュラルアース」のサロンで、交換セッション♪
レベルの高い人とお話しするのは、とっても楽しく癒されます。
 この世界(地球の次元)では、身体(ボディ)を癒し、整えることが大事だと伝えて来ましたが---その点、真名先生はチャネラー(スピリチュアルメッセンジャー)であり、セラピストでもあるので、セラピーの時に身体から来るメッセージを読み伝えてくれるのでした。
身体のメッセージを聞ける人・リーディングまではできても、その意味や解説までできるレベルの人は少ないので、真名さんは本当に貴重な存在です。
そういえば、桜*さんは「あなたは人間ではないので、自覚してください」みたいなことを言われてましたねー(^^)
 人間のふりをするためにエネルギーの変換機を埋め込んで来たので、それをはずしてもらってました。


(参考)・過去の九州「岩戸開き」報告(阿蘇・高千穂・幣立
--------

・良い情報を本にして伝えたいので、応援のクリックをお願い致します♪
精神世界ランキング
LEOリエルのオフィシャルサイト(スピ専用)
最新メルマガページ
ワーク&セミナーのお知らせ♪
イベントのお知らせ
セッションへのお申し込みフォーム
お問い合わせ&ワークお申し込みフォーム
関連記事
【2009/06/20 23:41】 | ・岩戸開き&ワーク報告 | コメント(0) |
<<天神「ヴィーナス女神プチセミナー」 | ホーム | 太宰府天満宮ワーク報告>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Leo-japanリエルの   ハロー☆スピリチュアル・レインボープロジェクト


カウンセラー漫画家で歩く神社リエルの、論理的スピリチュアル解説♪ 「引き寄せの法則」の裏ワザ、アセンションに必要な「トップシークレット」等セッションの紹介もしています☆ http://www.leo-japan.com

おすすめ開運アイテム

「引き寄せの科学」→通販中

税・送料込み・おまけ付き¥1200-

最新記事

ヴィーナス女神セミナー告知   ★女神記事リンク

ツイッターleoリエル

カテゴリ

ツイッター「るちたま日記」

プロフィール

Angelリエル

Author:Angelリエル
神代∴光=漫画家。
リエル=スピリット・カウンセラー。
「歩く神社」
NPO認定のカウンセラー。
家族関係心理士。
レイキ・ティーチャー。
レインボーエンジェルセラピー・マスター。
リンパデトックス・セラピスト。
守護天使は☆Virtuesほか、
 ☆光のルシフェル・弥勒如来
 ☆天手力雄命
アセンションサポートのスピリチュアルセミナーも開催してます。
☆ブログアドレスはリンクフリーですが、メッセージの責任が負えないと困るので、文章等のコピー転載は必ず出典を明記して下さいね。
☆常識・自己紹介のないコメントは削除の対象になります。ご注意ください→http://leoriel.blog105.fc2.com/blog-entry-472.html

LEOフェイスブックページ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

HMCA オーラソーマ 今日のボトルのメッセージ

感謝☆ご来者数☆感謝

応援ありがとうございます☆     精神世界ランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -