障害者の自立支援
・12/2「怒りを手放す」満月イベント(予定)
・12/13靖国&東京大神宮神社ワーク詳細
・12/18(金)15時~「ミニ・スピリチュアルフェスタ(mini スピマ)」(Sheep1228さんとのコラボイベント;参加ヒーラーさん募集中/詳細はのちほど)です
・1クリックヒーリング始めました♪詳細
アメブロからさらに清書書き。
障害者自立支援へのスピリチュアルなお話し。

障害者ということば、今は「障がい者」と表現しますが--ここでは、「快適な生活をしようとすると社会的に障害が多い=障害を被っている=被障害者」という意味で使います。「チャレンジド」とも呼びますが、本当にチャレンジャーな魂だからスピリチュアル視点ではまさにその通り。

過去の偏った社会教育では、私でさえ「事故で大けがして半身不随になるくらいなら、死んだ方が楽なんじゃないか?」という大人達の価値観にどっぷり浸かっていた時期がありました。
今は、チャネラーとしてスピリチュアルな(魂レベルの)視野で考えるので、前出の考えが「制限がかかっている」と解りますが、学校や社会できちんとした教育をしないと、まだまだ障害者に対する偏見が根強いと思います。

なぜ、障害者をサポートする必要があるのか?という問い自体は愚問ですが、私も過去には気づかなかったのでここに書きますと--
私たちは、肉体を持って地球上に存在するかぎり、いつ・どこで身体や精神を害されるか解らないわけです(魂の約束で解る人もいますが)。
ある%で生まれながら障害を持つ子どももいれば、予防注射などの副作用で障害が残る子どももいますし、大人になってからの事故で身障者となる場合もあれば、高齢による心身の不調も起きて来ます。

 つまり、「五体満足」が普通なのではなく、たんなる平均・大多数であって、われわれはいつでも「身体不満足」の生活に直面する可能性があるわけですね。
バリアフリーは当たりまえの考えでなければならない。


過去の、餓えに苦しむ生存競争の激しい時代・社会のときは、(野生動物のような)自然淘汰や弱肉強食で、「けもの」のような価値観や生き方もあったと思いますが--
今は(少なくとも日本では)文明が発達して、オートマティックな機械や、人工栽培による食糧確保もできる社会が実現しているのですから、「弱者」と呼ばれる「平均的生活に困難が生じる立場」を支援する時代・社会が作れます。

過去の弱肉強食時代の人類は、その脳の思考力から「弱いと殺される。強ければいいんだ。強くなれないなら、相手を弱らせよう」という論理で動くので、戦争・戦争が当たりまえでしたが。
「弱っても、何かの役にたって、みんなと仲良く生活できる」となれば、平和が作れます。


私の父は心身障害児の支援をしているので、障害児をもつお母さん達を見て来ましたが、みんな偏見による罪悪感との戦いで疲れきっているようでした。
チャネリングでメッセージが来るので、子供さんたちの能力を伝えてあげたいのですが、親が心を閉ざしてしまって聞いてもらえないことが多いです。

たしかに、妊婦さんが飲酒・喫煙などで胎児を痛めつけてしまい、障害に繋がることもありますし、
食生活の悪さが遺伝子の異常に繋がることもありますから、母体の健康には責任があるといえますが、
社会的な(公害や汚染、環境ホルモンなど)影響は避けようがありませんし。
障害者への差別・偏見というのは--
予防注射の必然的な確率に当たってしまった場合でも、高熱などの病的処置がかなわなかった場合でも、関係なく「ウチの孫が障害を持ったのは、お嫁さんのせいだ」というセリフを聞くくらいですから。信じられないくらい理不尽なものです!


申し訳ないことですが-- 障害児が、いかに忌み嫌われていたかが分ります。
だって、社会生活に困難がともなうんですから、誰かの手伝いがないと生活できないなら面倒がられてしまうのは分りますし、
過去の偏った価値観は「たくさんのことができる人間が偉くて、助けを借りる人は価値が低い」と思い込まされて来たわけですし。

でも、私がチャネラーになって分ったことは、障害児の一人ひとりには魂レベルの役割り(存在価値)があって、中には自己表現をすることで自立できる子どもや、もっと周囲と対話できる子供たちもいるということ。一方で、サポートするために生まれて来た魂の人もいますし。
お母さんがチャネラーになれば、それこそ子供ともっと対話することができるし、神さま(宇宙)に聞けば困難への対処法もわかりますから、なにも困らない。(ルナ君のように)
つまり、社会生活に困難がないような世界を作ってしまえば、障害なんて怖くない、ということになるわけで。(アメリカとかはそういう社会ですよね)

して、社会がこの文明を自立支援に使えば、(弱者に合わせれば)歳をとっても快適な世界が作れるということ。バリアフリーで高齢者に快適な建物は、子供たちへのサポートにもなるし、一石二鳥でなければ高度な文明とは呼べないでしょう。

--今こそ「障害者自立支援」の時代。本当の意味での。

「動く歩道」を歩いていると…追い越す人がイライラしていることがありますが。あれはサポートが必要な人用なのだから、追い越せる体力があるなら自力で歩けば健康になれるわけで。誰も使ってないなら、急ぐ時に借りるのもありがたいし。
私も、スピリチュアルになるまで深く考えなかったんですけどね。

だから、
今の金融不安は、これまで悪どいことをして来た陰謀者たちが起こしたことで…スピリチュアル的には、ここらで人類が目覚めないといけない流れだから仕方ないとして。
今どきの科学が発達した地球で、「障害があるから、生きているのが困難」という思考は、あまりにもバカげています。 野生動物と同じ。
そんな考えでは、人間として存在している意味がない。

「他人(ひと)と同じにできないから、価値がない。価値が低い」という思い込みは、陰謀者たちの謀略(マインドコントロール)なので。
 どっかの都知事は、寝たきりの障害児を見てわけのわからない発言をしてましたが。

これからの企業は、儲かったら障害者が困らない世界をつくるために、いろいろ研究して作ってほしいですね。
今までも、心身に不自由がある人のために工夫してきた企業はあるので、それはそのまま続けてもらうとして。


人類にとって人間にとっては「生きがい」が大事だから、できる仕事(役割り)を果たしてもらうのは必要だけど、だったらボタンを押すことしかできない人は、ボタンを押す仕事をすればいいだけのこと。
一日中雲を見ているのが好きな人は、一日中雲を見ている仕事をすればいいだけのこと。
だいたい、高齢者になって動ける範囲がせまくなるにつれ、ゆったり安心していられる世界をつくれないようでは、進化とは言えないので。
トルストイの「光りあるうちに光の中を歩め」が参考になると思います。

支援を具体的にいうと、こんな感じ。
・バリアフリーが基本。
・空気をきれいにして、ぜんそくなどが起こらないように工夫すること(車・工場など)。
・水が汚染されないように、成分や装置を工夫すること(洗剤・浄化槽)。
・スロープの道や介助スペースを計算に入れた、町づくり。道も建物も狭すぎる。
・個別の身体障害に対応した介助器具の開発と、費用の助成や基金をもっと充実させること。
・支援が必要な人と、支援したい人をつなぐシステムを充実させる。

・心理的に悲観しないようなサポート。存在価値を見いだすサポート。
・動ける人には、生きがいとしての仕事(作業・役割り)を担ってもらう。それを見つけるサポート。
・権利や著作権が発生するものは、それを守ってあげること(当面は)。

---などなど。ほかにメッセージが来たら追加します。
理想は衣・食・住無料で、やりたい事を仕事(収入)にできる世界ですが、当面は障害者でも高齢者でも、経済に不安があるなら、「能力はお金にできる」ので、チャネリングサポートも可能だし。

世界が安定して、みんなが豊かになったら人間は怠け者になってしまうのでは?という心配をする人がいるようですが。
それは、勉強不足でまったく見当違いな話。というか誰かのマインドコントロールです。
脳科学の研究では、その心配はないんですね。人間は、かならず退屈する生き物だから(笑)。
むしろ豊かになると、その方が「自己実現」や「生きがい」に向かうので。

私個人は、これからスピリチュアルお母さんを増やし、スピリチュアルお父さんを増やしていくために勉強会やワークを続けたいと思ってます。

-------
 ~*~*~ 愛と感謝をこめて ~*~*~(☆のカルマ解除は12月まで続行)
・良い情報を本にして伝えたいので、応援のクリックをお願い致します♪
 →精神世界ランキング☆
LEOリエルのオフィシャルサイト
最新メルマガページ
ワーク&セミナーのお知らせ♪
イベントのお知らせ
セッションへのお申し込みフォーム
お問い合わせ&ワークお申し込みフォーム
関連記事
【2009/10/29 23:54】 | ・スピリチュアルメッセージ | コメント(0) |
<<☆リンクフリーの意味 | ホーム | 二兎を追うものは…>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Leo-japanリエルの   ハロー☆スピリチュアル・ レインボープロジェクト


カウンセラー漫画家で歩く神社リエルの、論理的スピリチュアル解説♪ 「引き寄せの法則」の裏ワザ、アセンションに必要な「トップシークレット」等セッションの紹介もしています☆ http://www.leo-japan.com

おすすめ開運アイテム

「引き寄せの科学」→通販中

税・送料込み・おまけ付き¥1200-

最新記事

ヴィーナス女神セミナー告知   ★女神記事リンク

ツイッターleoリエル

カテゴリ

ツイッター「るちたま日記」

プロフィール

Angelリエル

Author:Angelリエル
●神代∴光=漫画家。
●リエル=歩く神社。
スピリチュアルインストラクター。
NPO認定のカウンセラー。
家族関係心理士。
レイキ・ティーチャー。
レインボーエンジェルセラピー・マスター。
リンパデトックス・セラピスト。
守護天使は☆Virtuesほか、
 ☆光のルシフェル・弥勒如来
 ☆天手力雄命
アセンションサポートのスピリチュアルセミナーも開催してます。
☆記事には著作権があります。
ブログアドレスはリンクフリーですが、メッセージの責任が負えないと困るので、文章等の転載は必ず出典ページの明記をお願いします。
☆常識・自己紹介のないコメントは削除の対象になります。ご注意ください→http://leoriel.blog105.fc2.com/blog-entry-472.html

LEOフェイスブックページ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

HMCA オーラソーマ 今日のボトルのメッセージ

感謝☆ご来者数☆感謝

応援ありがとうございます☆     精神世界ランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30