fc2ブログ

記事一覧

エイプリルフール

毎年エイプリルフールに
浄化のためのネガティブなメモを発表しております。

昭和のころ、
アメリカとかヨーロッパがお手本で
夏休みを含めてバカンスだバケーションだと
1ヶ月仕事を休んで、家族でリフレッシュするという記事を読んで
うらやましいと思ったわけです。

昭和のころは、
若いときに働いてお金を貯めて
定年退職したら、長期の旅行に行こう、などという価値観が当たり前になっていて

私は、親が働きすぎで身体をこわしたのを見たので、
若い人には、やりたいときにやりたいことをしてほしいと思うようになったけれど。

日本人は、お金を貯め込まないと長期の休暇がとれないままで
昭和から平成、令和まできてしまった。
ワールドカップや、アイドルの追っかけ、私は以前マンガ家だったころはコミケの参加などで、連続した休みがとれないと
仕事を辞めざるをえない人たちがいて、
そういう人たちにとって「派遣」で仕事に就けるのは助かることだった。

でも、まずそれが間違っている。
休みたい時に、できるだけ休めるような体制をつくること、
余裕やゆとりのある社会をつくることが必要だったのに、
それが作れていない。

キックバックで作った裏金を
脱税して悪びれず、
むしろ逮捕や検挙もされなかったり

国会で審議すべきことを
一部の大臣だけで決めたり
というか、自分たちに寄付してくれた会社を優遇するために法律を変えようとしたり。

昭和では「汚職」と呼ばれたことが
平成・令和ではまかりとおってしまっている。

与党(政権を担っている党)も野党(政権を担っていない党や議員たち)
も、じつは裏で繋がっていると言われて久しい。

派遣社員になって
製造業だけは守らないとと言われていたのに、
なしくずしに、技術の伝承が出来にくくなってしまった。

消費税も、最初は3%と言い、
導入当時から「どうせ10%にするつもりだ」と心配されていたのが
「そんなことはない」と言いながら
現実になっている

野党はなんでも反対する
そのくせ代替え案を出さない
と揶揄(やゆ)するけれど、
とりあえず「反対」しておかないと、やってしまうじゃないですか。

終電を逃したから、女性をホテルに誘って
「何もしないから」と言って、結局手を出してしまうみたいなことを
毎回のようにやっているわけです。

いちど手を出してしまったら、止められない。
そういう社会になってしまっている。

移民を増やして、奴隷のように使えばいいじゃないかと言っていた人がいた
でも、アメリカでは黒人を奴隷にしたけど最終的に立場が逆転したわけで、
日本人がそこまでズル賢くはなれないと思う。
ふてぶてしくいられるメンタルの人は多くないと思う。
私からしたら、誰かを奴隷のように扱おうと思うこと自体やめるべきだと思う。

ワクチンに異物を混入させて、人をコントロールするから大丈夫だという説もあるし、
宇宙ステーションができて、地球から脱出できるなら
核戦争をおこして地球が放射能まみれになってもいいと思っている連中もいるらしいし、
科学が発達しても、人間が「恐怖を克服」できないままだと
ライターでヤケドするのか、
爆弾でヤケドするのかの違いにしかならない。

それにしても、女性の人権がどんどん侵略されているし、
太平洋戦争前の様相になってきている。

地球が活性化する26000年の歳差周期の半分が13000年。
前回からちょうど12500年経っていて、
あと500年は天変地異が起こりやすい地球で。

過去の苦労自慢や、新しい人たちへの妬み
足の引っ張り合いや、マウントの取り合いをしている場合じゃない。
自分の方が優位に立っているとか、
自己顕示欲が出てくるのは
インナーチャイルドの傷が癒えていないから。

マズローの5段階の欲求のうち、
途中でつまづくと、承認されたい欲求を満たすためだけにお金儲けをしたり、犯罪に手をそめたり、人を傷つけてしまったりする。

14歳くらいのお子さんが
「どうして大人は社会を良くすることができなかったのか」質問があったと聞いた。

ごめんね。
私も15歳くらいのときと、大学生くらいのときにそう思った
それで、世の中を良くしていきたいと思ったけど

生活費を稼ぐための仕事で疲れてしまって
社会的な立場を持つことができず
偉い先輩たちに任せてしまおうと、あきらめてしまった

当時50代くらいの人たちが頑張ってくれると思ってたら
彼らは、自分たちが手に入れた利権(お金や得する権利とか立場とか地位など)を守る方にまわってしまった。

今の私も似たようなもので、
やっと生活できているんだから、これ以上めんどうなことは起こさないでくれと思うようになった。

そうやって、同じところをグルグルまわって
歴史はくり返していく

ローマが、平安京が、どんなに豊かに繁栄しても
そこで人はどんどん怠惰になって
学ぶことも、後輩を育てることもサボって

これから頑張っていこうとするとなりの国に攻めこまれて滅んでしまう
食べ物や水や資源が枯渇して、滅んでしまう
何度くり返しても
すぐとなりの国で、失敗していても
そこから学んで成功させようとしない

それが人間だと思ってしまったけれど、
脳のコンフォートゾーンのことを知った今は、
私たちが見てきたことが「当たりまえ」になって
脳がくりかえそうとしているだけだとわかった

でも、その情報ですらまだまだ拡散されていないから
手遅れになってしまうのかもしれないけれど。

私たちは、学習して今のようになっているだけなので、
学習する内容(中身)が変わると
世界を変えることができる

「人口が増えすぎるから、戦争や疫病を作って減らしていかないとならないんだ」などと学習してしまうと、そのとおりにしようとするけれど、
「私たちの脳は、愛と信頼や心の平安を体験すると、おのずとお互いを助け合おうとする。けれど、一定数の障害をもった人間が生まれることで、種の多様性を保ってもいるので、前向きに対処する必要がある」というところから、

本音で話し合ったり、
折り合いをつけたり、マナーやルールを作ったり改正したり
差別を無くしていくことができるはずなのだ。

それだけは確かなので、そう書いておく。
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

リエルLEO公式ツイッター

ツイッター「るちたま日記」

おすすめ開運アイテム

「引き寄せの科学」→通販中

LEOフェイスブックページ

サイトのQRコード

QR

更新通知ご登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プロフィール

Angelリエル

Author:Angelリエル
L.E.O-JAPAN株式会社代表
●神代∴光=漫画家。
●リエル=歩く神社。
スピリチュアルインストラクター。
NPO認定のカウンセラー。
家族関係心理士。
レイキ・ティーチャー。
レインボーエンジェルセラピー・マスター。
リンパデトックス・セラピスト。
守護天使は☆Virtuesほか、
 ☆光のルシフェル・弥勒如来
 ☆天手力雄命
アセンション覚醒のスピリチュアル・ワークショップを開催してます。
--☆こちらの記事には著作権があります。
ブログアドレスはリンクフリーですが、メッセージの責任が負えないと困るので、文章等の転載は必ず出典ページの明記をお願いします。
☆常識・自己紹介のないコメントは削除の対象になります。ご注意ください→http://leoriel.blog105.fc2.com/blog-entry-472.html

・全記事表示/・今日のカラーボトル占い

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

感謝☆ご来者数☆感謝