神様の定義(笑)
記事をコピー(または転用)するのは許可していますが、出典を明らかにして下さいね。
 無断で転載する人がいるのは、知らせが来るのでわかってしまうんですが^^;、私は世界を良くすることに時間をかけたいので、時間がもったいないからいちいち抗議しないだけですので。

宇宙のルール「自分が与えたものが自分に返って来る(因果応報)」を前提に、良いことに使って下さい。
  20081029雲
-------------さて。

 今まで、「神との対話」「聖なる予言」「バシャール」やニューエイジ系情報を知っている人だけを対象にスピリチュアルワークをしていたので、あえて書かなかった(セッションでしか話さなかった)のですが、ここで、とりあえず「神=宇宙」についての自分の定義を解説(明文化)することにしました。
 ---っていうか「先に書けよ。今さらかよ」って感じですが(笑)。いや、人類の叡智をもってすれば、この程度の推理はできるだろうということもあり。
 今までは「悩みを解消したい人のうち、スピリチュアルのわかる人だけ担当するので、あと(一般の人)は本部のファミリーカウンセリングでぜひどうぞ」という姿勢だったので。
特に精神世界に興味のない人に「神とは」「宇宙とは」と解説する時間を必要としなかったのでした。

では、
これまで世界史を学び、心理学・精神分析を学び、あちこちの宗教を取材して、物理・科学の情報を得て、哲学の本を読んだり、古代文明の資料を見たり、ニューエイジ系精神世界を取材したり、それらを実践して研究した結果、私が結論にいたった「神様の定義」について、さらにスピリチュアルな視点からのメッセージをまとめると…こんな感じというのを書いておきます。


私が「神様」と呼んでいるものは…宇宙に充満しているエネルギーのことです。
もともと、名前も姿かたちも人格も色もありません。素粒子の振動です。

ビッグバン宇宙論をもとにすると、
宇宙には、素粒子が充満していて、人間は、宇宙の素粒子(光とか)が束ねられてできている。
なので、「人間は宇宙と同じ物質でできている」といえる。

同じ成分や、同じ物質のものは、固有の振動数(周波数)も同じ(または近い・似ている)ため、影響を受けやすい。
人間の肉体を構成する要素は、地球の大地とほぼ同じものが含まれ、
人間の脳が思考する「意識」の想像範囲は無限に広がっていて、人間が思考できるイメージは、時間とともに物質化(現実化)させることができる。

ビッグバンのはじまりの「凝縮された一点」は、いわば「宇宙の情報、周波数」の全てが入っていたと思われるので、人間は自分の脳や身体構成物質(素粒子)を使って、その情報にアクセスすることができる。
 ちなみに、女性は「子宮」がアンテナになって、男性は「丹田」をアンテナとして、宇宙や大地(地球)から情報(周波数)を受信することができるとメッセージで聞いてます。
なので、われわれ人間は皆、ビッグバンの宇宙創世からの情報にアクセスできるということになる。

私がアクセスしている情報は、そのビッグバンの時点の場合と、それ以降の宇宙の時点の場合などがあり、地球の歴史に近い年代ほど一般の人は身近に感じるらしい。
 それで私は、その「無限に感じる情報と可能性をもった宇宙のある時点」のことを「神様エネルギー」と呼んでいる。
エネルギーを言葉で伝えるので、解りやすい対話形式にするためにあえて「擬人化」しているだけで、本来のエネルギーには「キャラクター」は無い。


私が「神様(宇宙)」と呼んでいるのは、宇宙創世のエネルギーであり、原初の宇宙の情報であり、もっとも高次元の自分自身であり、高次元で繋がっている仲間たちであり、全ての素粒子の集まりであり、無限の可能性の意識のことである。
 そういう意味で、人間の心の中の「内なる神」も同じものだし、人間誰もが神であり、この世界そのものが神でもある。
姿はないがエネルギーはある。性別もないが、逆に、男性性も女性性も内在していて、キャラクター(擬人化)もないけれど、ユーモア(笑い・愛・温かさ)がある。
 当然、名前はないし、いろいろな名前で呼ばれてもいるが、どの呼び方も神のエネルギーの一部分をあらわしているにすぎない。
-例-宇宙のエネルギーのことを「サムシンググレート(偉大なる何か)」「究極のハイアーセルフ」「根本創造主」「ザ・ソース(根源)」「グレートセントラルサン」「ハイパワー」「アカシックレコード」等々呼びますが、ビッグバンのエネルギーのことを差しているなら、みな同じということになります。

一般にいわれる「宗教」、既存の宗教、宗教観にもとづく思想、自然現象にもとづく信仰、観念、哲学は、人間が地球上で上手に生き延びるための「テクニック」として作り上げたものだと思っている。
 なので、賢く使えば幸せに平和になり、悪用したり制限をつけすぎると争いになる。

 一般に呼ばれる「いわゆる(宗教的な)神様」の場合、情報に制限がついていて、宇宙の創世から終焉まで一貫性のないメッセージが多いと感じるので、それは私がアクセスしている神(高次のエネルギー)ではないと感じる。
 仏教は「哲学大系」で、ユダヤ教は男性性重視、キリスト教は女性性と太陽信仰、イスラム教は砂漠の哲学、バラモン(ヒンズー)教は階層化と封印、神道は浄化、と感じる。けれど、それらをすべて集めて成り立ちを調べると、土地がらの違いなどの影響がわかって、納得のいく状況が入っているので興味深い(時に、人間の叡智のすばらしさを感じる)

そして
「心の声」や「内なる神」のうち、情報に制限があるものは、人間的な固定観念によるものと感じるので、宇宙の中心よりも次元が低い(遠い・重い)という捉え方をしている。

宇宙を一人の人間の身体で表現すると、神様というのは「脳みそ」の部分、といえるのではないか。
身体全体である「宇宙」を大切にしているので、善・悪でものごとを決めつけない。
--ある時点での目的に対し、都合の「悪い」状況、都合の「良い」状況、という捉え方はあるかもしれないが--

スピリチュアルなメッセージや、「神との対話」本からの情報だと、神は「人間の成長と体験、挑戦」を求めているらしい。
--それは、神=人間(われわれ)が挑戦と成長と体験を求めているから--


で、人間が感じるもの考えたものそれぞれは、宇宙の無限の可能性から見ると「間違ったものはない」「ある特定の時・空間での可能性の一部である」「さらなる可能性もある」という捉え方をしてます。

--だから、誰かが「神はこうだ」と言うとき、「その可能性もある」または「その期待に応えて現実化する」ともいえるし
その人の「神」の定義の内容によっては「神はいない」ともいえる。
 「神は自分自身である」というのも「神は宇宙である」「ひとり一人の中に神がいる」「あらゆるものの中に神性がある」「神は言葉ではない」「神は言葉である」「神は光だ」「神は…」etc.すべて、おなじものを別な角度から捉えて言っているんですね。

--追記--
ちなみに、「神社の神様」や「特定宗教の名称」「大天使の名称」などは、“名前をつけた時点”で波動を限定したことになるので、その波動・エネルギーで我々をサポートさせる(または影響を与える)ということだと理解しています。


足立育朗さんは「波動の法則」の中で、素粒子には「意識」と「意志」が入っていると書いていたし。

--私がキモチ「神」ではなく「かみサマ」と呼んでしまうのは、うやうやしく恐れた意味で使っているんじゃなくて、---エネルギーの多様さを表現するのに「とりあえず神」としか言いようがなく、「神よ」と呼ぶとちょっと距離を感じてしまい、しかも温かさがないので、敬意と親愛を込めてみたら「神さま」になっちゃったのでした。
 さらに詳しい解説は、セッションまたはAngeling講座等で。
---------
 ~*~*~ 愛と感謝をこめて ~*~*~
お読みいただきありがとうございます。掲載記事は、さらに詳しい内容を書籍・CD・DVD等で頒布する予定です♪
LEOリエルのオフィシャルサイト/・メール
最新メルマガページ
ワーク&セミナーのお知らせ♪
イベントのお知らせ
セッションへのお申し込みフォーム
お問い合わせ&ワークお申し込みフォーム
関連記事
【2008/12/14 17:14】 | ・スピリチュアルメッセージ | コメント(4) |
<<欲望は大切に | ホーム | 江ノ島&鎌倉ミニツアーワーク報告>>
コメント
ききもりさん。
 なるほど~、原文との差を感じると、身内に勧めにくいかもしれませんね。
 私も「神の許し(本当は責めてないから、許してもいない)」とかを文章で解説すると大変なので、対面でしか伝えられないことがあります。
 なにしろ、ニールさんは印税もらって生活できますが、こっちは真理を聞く勇気もない連中に時間を割いて睡眠時間を削って記事を書くほどの余裕はないので(笑)。

ところで、チャネリングはテレパシーとは違うので、シンクロできない相手の心は読まないので、テレパシー能力よりエンパシー能力を強化する方が簡単かもしれませんね。
【2008/12/20 04:20】 URL | リエル #SFo5/nok[ 編集]
こんにちは、リエルさん。リエルさんと実際にお会いした事はありません。
実は僕がNealeさんの「神との対話」を読み始めたきっかけがリエルさんなんですよ(感謝してます)。丁度一年くらい前でしたがリエルさんのサイト内でスピリチュアル関係の記事を読んでて「神との対話」の事が書いてあったので読んでみたい、と思って注文したんです。僕は現在米国で大学生をやっている身なので自分の英語力向上の為にもと英語版を読む事にしたのですが、結果的には大正解だったように思います。読み初めてすぐにその表現の美しさと底知れぬやさしさに感動しまくりで、何度目に涙を浮かべた事か知れません。神様の話の部分は単に文章表現が優れているのではなく本当に心に響いてくるものです。それで父にも読んでもらおうと日本に帰省した際本屋に寄ってちょっと日本語版をめくって見たらその訳された内容にショックを受け、これを父に読ませるわけにはいかんと、結局プレゼントするのを断念した程です。でもそもそも英語をそっくりそのまま日本語に訳す事は不可能ですからしょうがない事だと思うんです。例えば日本語で「子供は親の背中を見て育つ」って言う表現がありますがそれをそのまんま英語に訳して言ったらどういう意味?って聞かれちゃいましたし、英語には英語での違った表現があるんですよね。だからどうしても文脈を変えたりしなきゃいけない。でそのわずかな変化がメッセージ全体が持つニュアンスを大きく崩してしまうんです。WordChoiceにも非常に難しい部分があります。特に英語なんか同じ様な意味を持つ言葉がたくさんあるのにそれぞれに微妙なニュアンスの違いあったり。「神との対話」でも言っているように言葉ほど不便なコミュニケーション手段はないと思います。いっそみんなテレパシーでも使えれば手っ取り早いんですよね。そうすればくだらない誤解から生まれるいさかいもずっと減るし。言葉を学ばなくても世界中誰とでも理解し合えるだろうし、、、etc。あっ、でももしテレパシーが世の中にまかり通ったら「神との対話」も見た目は全部白紙になっちゃうかもしれませんね。で1ページ1ページに違った念がこもっていたりして、、、(そしたら印刷屋の仕事が減るのは避けられないっ)。ニュース番組でも画面にアナウンサーが無言でつっ立っていて念を一生懸命送ってニュースを伝えてくるとか、、、これはこれで不気味なんじゃないかな。見てる途中であんたアナウンサーなんだからなんかしゃべってくれってきっと言っちゃうでしょうね。(V_V)/
【2008/12/19 12:42】 URL | ききもり #-[ 編集]
こんにちは。以前お会いした方でしょうか?
私は女ったらし(笑)のニールさんや原文には興味なかったのですが、
ちょうど先日、桜*さんが「ニールさんの英文の方は、きっと韻を踏んだりしてステキな文章なんじゃないですかね」と話していたところです。
 日本の俳句が外国語に訳せないのと同じなんでしょうね。
 英語が読めてもちゃんと訳せないんじゃ意味ないですねー^^;。
そのてん、チャネラーは読まなくても直接波動で感じたりするので、良かったです。
【2008/12/17 02:19】 URL | リエル #SFo5/nok[ 編集]
お話の中に「神との対話」(NealeD.Walsch著)が出てきますが自分は英語版をとっても気に入っています。まず以前日本語版をちょっと本屋で見てみたんですが自分は神様のしゃべり口調が気に入りませんでした。日本語版では英語版と違ってフレンドリーな感じが少ないし、なんかNealeさんが神様に対して敬語を使っていて未だに神様との間に格差を築いてしまってるような印象を受けました。英語版では神様の口調はもっとやわらかくやさしいし、Nealeさんも友達というか愛人という感じで話しているので読んでて嬉しくなります。でも翻訳した人もあまりにフレンドリーな口調で会話を書き過ぎると読者からひんしゅくを買ってしまうかもしれない、とかいう事を気にしたっていうのがあったのかもしれないですね。未だに神様を自分達と同等だと捉えられない人達が多いのも宗教と歩んできた人間の長い歴史を考えれば無理もない事です。でもって「神様」とか「God」っていう言葉自体にもだんだん抵抗感が湧くようになってきてしまいます。その言葉自体が”自分達人間とは違う存在”という印象を少なからず持ってしまっているからです。なんかもっと親しみ易い呼び名を考えるべきだと思いますよね。例えば宇宙とかけて「うっちゃん」とか、、、。
【2008/12/15 23:34】 URL | ききもり #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Leo-japanリエルの   ハロー☆スピリチュアル・レインボープロジェクト


カウンセラー漫画家で歩く神社リエルの、論理的スピリチュアル解説♪ 「引き寄せの法則」の裏ワザ、アセンションに必要な「トップシークレット」等セッションの紹介もしています☆ http://www.leo-japan.com

おすすめ開運アイテム

「引き寄せの科学」→通販中

税・送料込み・おまけ付き¥1200-

最新記事

ヴィーナス女神セミナー告知   ★女神記事リンク

ツイッターleoリエル

カテゴリ

ツイッター「るちたま日記」

プロフィール

Angelリエル

Author:Angelリエル
●神代∴光=漫画家。
●リエル=歩く神社。
スピリチュアルインストラクター。
NPO認定のカウンセラー。
家族関係心理士。
レイキ・ティーチャー。
レインボーエンジェルセラピー・マスター。
リンパデトックス・セラピスト。
守護天使は☆Virtuesほか、
 ☆光のルシフェル・弥勒如来
 ☆天手力雄命
アセンションサポートのスピリチュアルセミナーも開催してます。
☆記事には著作権があります。
ブログアドレスはリンクフリーですが、メッセージの責任が負えないと困るので、文章等の転載は必ず出典ページの明記をお願いします。
☆常識・自己紹介のないコメントは削除の対象になります。ご注意ください→http://leoriel.blog105.fc2.com/blog-entry-472.html

LEOフェイスブックページ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

HMCA オーラソーマ 今日のボトルのメッセージ

感謝☆ご来者数☆感謝

応援ありがとうございます☆     精神世界ランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -