戦士のためのメッセージ.4
この内容が理解できる、選ばれた人にだけお伝えしている
愛されて成功するリーダーのためのセミナー(特に男性向け)のメッセージ.4。

女性には、女神セミナーの序章として。ヴィーナス女神セミナーを受講された方は、おさらいとして読んでくださいね。ヴィーナスセミナーで6時間使っても話しきれない部分を、こちらに書いておきたいと思います。

男性の能力と役割り(存在の意味)とは
女性は、宇宙や大地とつながりエネルギーやメッセージを降ろせる身体に生まれて来て、地球や自然と調和し、周りの人には成功へのメッセージと応援パワーを送り、人類を目覚めさせ、アセンションへと導く役割りがありました。

基本、魂には性別が無いので、私たちは男に産まれたり女に生まれたりして、いろいろな人生を楽しむわけですが。
魂が、男性の肉体を選んで生まれて来るということは--

光が降ろせず、わざわざ情報の少ない状態で生きるということで
・冒険者であり、挑戦者である

物質や現実に物を動かすことが得意。グラウンディングしている
・実行者

信念を持ち、希望を語るリーダーとしての
・家族に愛されている「聖なる王」

--そして、戦士が「戦士」と呼ばれるゆえんである
・女神や家族、一族を守るため「境界線を守る戦い」をする、誇り高い戦士という立場。

偉大なものを尊敬する心を持ち、民族・種族を守る(種の保存)を役割りとし、そのために決断し、責任を負うことも役割りです。
汚れ仕事になることもありますが、女神がついていれば「名誉ある伝説の英雄(勇者)」となります。


この、一族や民族を守るために戦うというのは、「境界線を守る戦い」であって、侵略とは違うんだそうです。
人間にとって最初の「境界線」は「皮膚」ということなので、皮膚を突破されたらウィルスにやられて死んでしまう…ということ。
例えば、家にスズメバチが入って来て巣を作ろうとした時、それを阻止しなければ、スズメバチに家を乗っ取られてしまう…という意味ですね。

話し合いで決着がつかない場面で、一歩も引かずに「一族・国家・女神・子供たち・自分よりも立場の弱いもの達」を守り抜くのが「戦士」ですから。
 昨年アメブロで「領土問題」は男性性の問題です。と書いたのは、そういうメッセージなのでした。

男性性が弱いと、物質化ができず、侵略されても対抗できないということになります。
日本人が第二次世界大戦で朝鮮半島とか植民地政策とかで出て行ったのは問題だったとしても、だからといって戦後に北朝鮮から国民を拉致されて黙っているというのは、他の民族にはありえない不名誉なことだそうです。腰抜けと呼ばれます。自国の国民がさらわれたら、女神がさらわれたら、軍隊を出して取り戻しに行くのが「戦士」だからだそうです。
もし守りきれなければ、その民族は滅びるわけで、そのDNAは淘汰されるということ。今は武力行使するわけにはいかないので、頭脳戦で勝つ必要がありますね。

日本では、戦後の日本国憲法第9条で「戦争の放棄」を掲げた時に、その深い意味や起こる未来を想像できなかったことが悲劇でした。
「戦争の放棄」自体は、画期的な思想で良いと思いますが。
それが「戦いの放棄」から→「争いの放棄」→「競争(競い合い)の放棄」へと進んでいったことが問題なんだそうです。女性性が強まったために、いつのまにか「競い合って、切磋琢磨すること」が否定されている世界ができ。それによって、「境界線」が侵略さても気がつかない人間が育って行ったのでした。
 学校では「争ってはいけない」という風潮があり、一方、現実社会では、スポーツはメダル争い、会社は戦略の世界--という矛盾に耐えて、男性性は罪悪感を持ちます。
さらに、戦後の高度経済成長期に「男は会社(仕事)」「女は家庭(家事・育児)」という人類にとって不自然なシステムができたため、成長期の男の子が一番男性性を必要としている時に、父親が近くにいない(不在)という悲劇が起きましたから、日本男児は相当なダメージを受けています。
 他の国、諸外国ではありえない数の引きこもり(引きこもりの80%が男性)を生み、異常なロリコン文化を創り、国土を守れない腰抜け内閣を作ったのは、この「男性性」が受けたダメージのせいなんですね。

参考文献として「男の子ってどうしてこうなの」という本が役立ちます。
日本人だけが、世界でも大きく違ったダメージを受けています。それは「軍隊」が否定されているために「戦士性」が否定された結果なのでした。(侵略のための軍隊は必要なくても「境界線を守る戦士」は必要です)
 戦争のない調和の世界を作ることが理想ですが、男性の中の「戦士」を否定したのでは、平和は実現しません。男性の中に「自己否定」が起こるので、男性のインナーチャイルドが病むからです。
インナーチャイルドが病んでいる人は、問題を起こしやすい。自分の存在を認めてほしくて無茶をしたり、他人から奪ったりすることもあります。

男性は、トーナメントが好き
戦士の戦士たるゆえん。
男性は、女性より競い合いが好きですよね。週間「少年ジャンプ」では、放っておくとマンガはどんどん「トーナメント(勝ち抜き戦)」になっていきます(笑)。編集者がそうアドバイスするからですが。
ようは、男の子はトーナメントが好きだから、それを作品に活かして人気を取るわけです。
トップを目指す。ピラミッドの頂点を目指すのが、男性の「戦士」性ですから、当然と言えます。

女性・女の子も競い合うことはありますが、男性ほどトーナメントに命がけにはなりません。スポーツなどの選手以外では、争うと途中で疲れてしまうのが女の子の特徴です。
現代では、男性性の強い女性も多くなりましたから、競い合いが好きな女性もいますが。そして、女神として目覚めていない女性は「女戦士」扱いなので、今は地球人類の82人以外はほぼ「戦士」だともいえます。
じつは、女戦士ならまだ良い方で、メッセージを降ろせることを忘れた女性達は、男性と同じに働くことで価値を示そうとし、蔑視されて「女奴隷」になっている場合が多いのです。
一見、着飾って大事にされているように見えても、その国で戦争が起きている場合は、「女神不在」ということだそうです。
「偉大な戦士なきところに、女神なし」「勇者あるところに、女神あり」ということでしょうか。

さて、
男性がトーナメントで頂点を目指すのは、なぜか?
リーダーになれば、尊敬されるから?
たくさんの富やお金が手に入るから?
王様になれたら、好き勝手ができるから?
自由が手に入るから?
--そこまでが目的だと思っている男性は多いようです。あなたの近くの男性達は、みんなこの段階が目的だと思い込まされているかもしれません。
--心の中で解っていても、言葉に出すのは勇気がいるかもしれないですね。

男性が、頂点を目指すのは、「一番質の高い女神を手に入れられるから」だそうです。
「地位」も「名誉」も「財産」も、それを持っていれは、もっとも質の高い女神に愛される可能性があるから--だそうです。

ちょっと猿山のボスザルみたいに感じるかもしれませんが、メスザルと人間の女神とでは、役割りが違います。(じつはボスザルもメスザルに選ばれてなっているという話ですが)

「一番質の高い女神」というのは「女王」のことです。それを手に入れられることが重要だというのは、こういう意味です。
質の高い女神は、貴男を応援してくれます。勝つためのメッセージをくれます。宇宙からの祝福のエネルギーを流してくれます。貴男を尊重してくれて、いつも励ましてくれて、傷ついたら癒してくれて、もっとも名誉ある役割りを果たさせてくれます。
貴男が生まれて来たことの意味を与えてくれます。人々からの賞讃をもたらす役割りを果たさせてくれて、貴男が歴史に名を残すことになります。

もし貴男が戦士として敵を殺すことになっても、霊的には、その罪をあがなってくれます。

ヴィーナス女神セミナーで時間のある時に話す実例として--
落合監督の奥様の話があります。落合博満選手が、三冠王を獲得したり、億単位稼いだり、監督となったり…出世していったのは、内助の功と呼ばれる妻信子さんのサポートが大きかったはずです。落合選手本人の努力だけではないはずです。努力している人を応援する、意識を変えるのが内助の功だからです。
信子さんはマスコミで騒がれたりしましたが、家庭では相当なサポートをしていたということなので、知らず知らずに「女神」役をしていたといえます。


人間は、頑張るとエネルギーを使いますね。
身体が疲れた時は、食べたり休んだりすることで、エネルギーをチャージ(満たすことが)できます。
心が疲れた時は、聞いてもらったり、慰めてもらったり、誉めてもらったりしてエネルギーを満たします。心が疲れた時に癒しがないと、人はお金や食べ物で補おうとして、依存症になってしまいます。
女神であれば、心が疲れた時に失った祝福のエネルギーを宇宙から降ろして、男性に流すことができます。

癒された男性は、魂に目覚めやすくなっていくので、アセンション(意識の次元上昇=進化)できるということなんだそうです。
そうすれば--男性の持つ、新たな可能性を追究する「冒険者・挑戦者」としての能力が、アセンションのために役立つのです。

男性の魂や遺伝子にはそのことが刻まれていますから、無意識のレベルで、戦士は一番になって「一番能力の高い女神」を得ようとしている--のだそうです。

/つづく
・戦士のためのメッセージ.1http://leoriel.blog105.fc2.com/blog-entry-453.html
・戦士のためのメッセージ.2http://leoriel.blog105.fc2.com/blog-entry-456.html
・戦士のためのメッセージ.3http://leoriel.blog105.fc2.com/blog-entry-457.html
・戦士のためのメッセージ.4http://leoriel.blog105.fc2.com/blog-entry-458.html
・戦士のためのメッセージ.5http://leoriel.blog105.fc2.com/blog-entry-459.html


 ~*~*~ 愛と感謝をこめて ~*~*~
お読みいただきありがとうございます。掲載記事は、さらに詳しい内容を書籍・CD・DVD等で頒布する予定です♪
LEOリエルのオフィシャルサイト/・メール
最新メルマガページ
ワーク&セミナーのお知らせ♪
イベントのお知らせ
セッションへのお申し込みフォーム
お問い合わせ&ワークお申し込みフォーム
関連記事
【2011/02/03 23:52】 | ・スピリチュアルメッセージ | コメント(0) |
<<コノハナサクヤ姫からのメッセージ | ホーム | 感謝・感謝の毎日>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Leo-japanリエルの   ハロー☆スピリチュアル・ レインボープロジェクト


カウンセラー漫画家で歩く神社リエルの、論理的スピリチュアル解説♪ 「引き寄せの法則」の裏ワザ、アセンションに必要な「トップシークレット」等セッションの紹介もしています☆ http://www.leo-japan.com

おすすめ開運アイテム

「引き寄せの科学」→通販中

税・送料込み・おまけ付き¥1200-

最新記事

ヴィーナス女神セミナー告知   ★女神記事リンク

ツイッターleoリエル

カテゴリ

ツイッター「るちたま日記」

プロフィール

Angelリエル

Author:Angelリエル
●神代∴光=漫画家。
●リエル=歩く神社。
スピリチュアルインストラクター。
NPO認定のカウンセラー。
家族関係心理士。
レイキ・ティーチャー。
レインボーエンジェルセラピー・マスター。
リンパデトックス・セラピスト。
守護天使は☆Virtuesほか、
 ☆光のルシフェル・弥勒如来
 ☆天手力雄命
アセンションサポートのスピリチュアルセミナーも開催してます。
☆記事には著作権があります。
ブログアドレスはリンクフリーですが、メッセージの責任が負えないと困るので、文章等の転載は必ず出典ページの明記をお願いします。
☆常識・自己紹介のないコメントは削除の対象になります。ご注意ください→http://leoriel.blog105.fc2.com/blog-entry-472.html

LEOフェイスブックページ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

HMCA オーラソーマ 今日のボトルのメッセージ

感謝☆ご来者数☆感謝

応援ありがとうございます☆     精神世界ランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30