経済のカラクリ
政治家や一部の人間が利権で潤うために、核発電(原子力発電)が推進されることになり、危険性をごまかすためのCMに大量のお金が使われていたということは、今の日本人なら知っていなくてはならない事実。
私がこのブログにも書いているのだから、ネット検索すれば情報は得られるわけで。
なので、ここから先は「知りませんでした」という言い訳はできない
人類、特に日本人は、政府への依存体質から転換するチャンスが来ている。

--ということで、本題は経済の話。
福島だけでなく、各地の原発誘致地域では、リスクを背負うことを隠されながらも大きな利益(国からの助成金や交付金や電力会社らの税金)を受け取っていたという。
実質的なワイロのようなもので、「アメをあげるから、黙っててね」ということ。
アメリカ軍の基地問題やダム建設にも同じことが言えるけれど、核発電の暴走による放射線の恐怖は、他の問題より広域にわたる(放射線物質は世界各地に届く)ので、ここではあえて核発電を取り上げる。


さらに、経済的な意味においても、原子力マフィアと呼ばれる核発電にまつわる利権を固持する連中がいるという。原発は造るときもお金、止めるときはさらなるお金がかかる。電力会社の役員には天下り。TVへの巨額な広告宣伝費は一体どこから出ているのか…電気の消費者からか税金からか、という状況。

そのなかで、誘致に踏み切った市町村は、土地はあるけれど…ほかに産業もなく…過疎化が進み…道路もろくに造れない…など切羽詰まった状態から、政府(議員と官僚の癒着)から高額を提示されて手を挙げた場合が多いと思う。
 気の毒ではあるが、資質のあるリーダーがいるか、女神がサポートしているか、リーダーが魂に目覚めていれば、宇宙や高次元からどんどんアイディアがやって来るから、安易な選択にはならなかったはずだ。

発電所で働くことで町民には雇用が確保でき、道路や水道などインフラの整備もされて、毎年税金も入って来るとなれば、理想的だと思っただろう。問題なのは、この状態が永遠に続くと思ってしまったことだ。または永遠に続けたいと思ってしまったことではないか。「本物の定義」に当てはまらないものは、滅んで行くので続かない。
私企業なら、何でも20~30年でサイクルがあり、新しくするか進化しなければ経営が成り立たないことを知っているので、いつも変化に対応することを考えている(はず)。

ところで、電力会社や国からの助成金はどこに行ったのか--
道路などの形あるものになっていれば、良し。(今回は街ごとそれを放棄することになりましたが…)
一人ひとりが「6つの貯金箱」の考えで、自分への投資や、将来の生活について準備していれば、良し。
詳細を調べないと確定はできないが、ほとんどが東京電力関連の企業に流れていたようだ。

カンタンな例え話をすると…
Fさんが生活に困っていたので、ある時Tさんが「この発電機を預かってくれれば、たくさんのお金をあげましょう」と提案します。
T「これは安全な発電機ですから、心配ありません。見張っているだけで、お給料もあげます」
F「それはありがたい、ぜひお願いします」
T「ここに運ぶのには広い道路が必要ですから、お渡ししたお金の中から道路を造りましょう」
 「この発電機をしまう建物が必要ですから、お渡ししたお金の中から造りましょう」
F「そんなにたくさんのお金をもらっていいのですか?」
T「大丈夫です。わたし達は国からお金をもらっています。国のお金というのは国民の税金ですから、私のフトコロは痛くも痒くもないのです」
 「立派な暮らしをするために、家も食べ物も着るものも、良いものにしましょう。私の知り合いが良い店をやっていますから、紹介しましょう」
でも、時々発電機は何か危険なものを発しているみたい。
庭のバラのめしべからつぼみが出てるし、子どもがだるそうにしている…。結局家族は反対し、仲が悪くなって離れて行きました。するとTさんが来て言います。

T「この発電機は安全なんです。私がお金を出して研究してもらっている東京大学の先生方も、大丈夫だと言っています」
 「でも、もし心配なら、私の知り合いに医者がいますから病院を建てましょう。いい薬がありますから、お渡ししたお金で買ってください」
そのうち、Fさんはたくさんのお金を受け取ったはずなのに、普通の人と同じ生活になっています。給料から税金を払うと、残りはさほど多くなかったりします。万がいち、発電機が爆発して家をなくしても、ホイホイと引っ越して新築して生活できるお金は残っていませんでした。
むしろ、この発電機を預かることで得られるお金がないと、生活して行くことができませんから、発電機が古くなっても手放しませんでした。

---ここで、Tさんが提供したお金は、どこに行ったのか考えてください。
・道路建設の会社
・建築会社
・衣、食、住の関係
・製薬会社  …などなど。例え話なので、実際は他にもあったかもしれません。
---以上がすべて別会社の場合、利益はとりあえず分散されますが、
もしTさんの顔見知り・関連会社・互いの会社の株を持っている…などの場合、Fさんが受け取ったと思っていたお金は、いつの間にかTさん関係に移って行くわけです。
ということは、Tさんは最初に巨額なお金をFさんに渡したように見えて、やり方次第で、ほぼ全てを回収することができるわけです。
しかもTさんは「お金は税金から出ている」と言ってますから、血税が、危険な発電機と交換されてTさんの手元に入る仕組みということです。

これが、「悪魔の商法」です。
悪魔と言うのは、Tさんを悪魔と呼んでいるのではなく、歴史に出てくる「悪魔」がいつもこの手を使うという意味です。アメリカの侵攻国への援助も、だいたいこんなカラクリです。
「悪魔は、与えない。悪魔から受け取ったつもりでも、必ず最後はすべて持って行かれてしまう」と言われています。
アメリカは日本にアメリカ債券を売ってお金を作り、それを(近年では)アフガニスタンやイラクとの戦争に使い、メチャメチャにした都市の復興にまわしていました。そしてアメリカ企業(カモフラージュして関係なさそうに装いながら)の製品を買わせることで、援助したお金を回収していたわけです。

一方で、神様(私にとっては宇宙・高次元)のやり方はどうかというと--
「必要なだけ、与える」なので、かかわった人全てが豊かになって、おたがいに感謝し合い、さらに不安がなく笑顔で、情報がたくさん入りますから、より良いものへと自然に移行していきます。
たとえば一時発電機を預けても、常に変化する世界を知っていますから、それが危険だと解れば話し合ってより良いものに変えて行きますし、もっと質の良いものがないか常に話し合って情報収集しています。依存をさせるような与え方は「必要じゃない」ことなのでやりません。バランスが問われます。
相手に与えたものが、めぐり巡って世界をめぐって、感謝の言葉とともに、自分のもとへさらに豊かに戻って来ます。
古い価値観にしがみついて、家族を困らせることもなく、新しいものと古い経験が活かされる方向になります。
互いの能力を尊敬し合っています。
Fさんは、自分の家族や知り合いが経営する会社を作り、Tさんからのお金を循環させて保存するシステムを作るべきでした。さらに、それを県外のネットワーク(友達)に繋ぎ、発電機に何かあっても代用できる何かを持つべきでした。

 …私が、松居桃樓師から教わった経済はこちら側「神様の商法」だった。
書いていて、この例え話は意外と難しくて、理解できない人の方が多そうだなと思った。このカラクリが理解できなければ、ずっと騙される側でいるということなので気の毒な気もするが、それも個人の自由選択なので認めている。
核発電の可能性についていうと、太陽系では火星に霊体がいた時、争いに核融合を使ったために火星人は滅んだ(一瞬で蒸発した)と言われている。地球人は、さらにアセンションして魂に目覚めた状態で世界平和を樹立してからでないと、核融合を制御することはできないと思われる。


 ~*~*~ 愛と感謝をこめて ~*~*~
お読みいただきありがとうございます。掲載記事は、さらに詳しい内容を書籍・CD・DVD等で頒布する予定です♪
LEOリエルのオフィシャルサイト/・メール
最新メルマガページ
ワーク&セミナーのお知らせ♪
イベントのお知らせ
セッションへのお申し込みフォーム
お問い合わせ&ワークお申し込みフォーム
関連記事
【2011/05/03 00:14】 | ・るちたま日記 | コメント(0) |
<<本当の共産主義 | ホーム | 地震と戦争とサバイバル>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Leo-japanリエルの   ハロー☆スピリチュアル・ レインボープロジェクト


カウンセラー漫画家で歩く神社リエルの、論理的スピリチュアル解説♪ 「引き寄せの法則」の裏ワザ、アセンションに必要な「トップシークレット」等セッションの紹介もしています☆ http://www.leo-japan.com

おすすめ開運アイテム

「引き寄せの科学」→通販中

税・送料込み・おまけ付き¥1200-

最新記事

ヴィーナス女神セミナー告知   ★女神記事リンク

ツイッターleoリエル

カテゴリ

ツイッター「るちたま日記」

プロフィール

Angelリエル

Author:Angelリエル
●神代∴光=漫画家。
●リエル=歩く神社。
スピリチュアルインストラクター。
NPO認定のカウンセラー。
家族関係心理士。
レイキ・ティーチャー。
レインボーエンジェルセラピー・マスター。
リンパデトックス・セラピスト。
守護天使は☆Virtuesほか、
 ☆光のルシフェル・弥勒如来
 ☆天手力雄命
アセンションサポートのスピリチュアルセミナーも開催してます。
☆記事には著作権があります。
ブログアドレスはリンクフリーですが、メッセージの責任が負えないと困るので、文章等の転載は必ず出典ページの明記をお願いします。
☆常識・自己紹介のないコメントは削除の対象になります。ご注意ください→http://leoriel.blog105.fc2.com/blog-entry-472.html

LEOフェイスブックページ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

HMCA オーラソーマ 今日のボトルのメッセージ

感謝☆ご来者数☆感謝

応援ありがとうございます☆     精神世界ランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -