2012新年のご挨拶
暦が変わり、新しい年が明けました。
昨年中は、数々のお引き立てを、ありがとうございました。
本年も精進してまいります。どうぞ、よろしくお願い致します。

     20120102正月画像龍
2012年が、皆様にとって幸多きめでたき年となりますように、お祈り申し上げます。

お祈りする、ということは、宇宙や素粒子にオーダーするということですから、引き寄せの法則が働くということですね♪
そう、今年は「引き寄せ」を物理科学として実行し、笑顔多く・実り豊かな地上の天国を創りあげる方向で参りましょう!
そのために、昨年までのさまざまな事件や経験を教訓として活かすことが必要ですね。

スピリチュアル・メッセージとしては--
喜びや楽しみは、さらに洗練されて、
悲しみは癒されて、
苦しみや悩みは、よりエレガントな方法で解決をオーダーする、

--というのが、2012年からの流れだそうです。

2012年のサポート神様からのメッセージは、次の記事で詳しくお伝えすることにして、
今日は、年始と、今年一年の心得のようなものをお伝えしますね。
いつもお話ししていることですが、ここでは、私が受け取ったメッセージをお伝えしますので、「これでなければいけない」「この方法しか無い」という意味ではなく、そのほかいろいろな情報も加えて活用していただければと思います。

・2010年は、「これは良い事になるに違いない」というコトダマで、不安な流れを断ち切り、方向性を変える年でした。
・2011年は、「固定観念が消え、感謝することに気づく年」で、波動を上げる人と下げる人の差がつきはじめる年でした。今まで見えていた世界が、じつは虚構だったことが解り始め--当たり前のものは無いと気づき、個々に、絶対に必要なものとそうでないもの・大事なものとそうでもないもの・真実と嘘・目に見えないものを感じる人とそれを否定する人・無条件の愛と偽善…などなど、固定観念が覆されたことによって、様々な課題が浮き彫りになり、本当に大事なものが選びやすくなったと思います。
また、インターネットの普及で、遠方の人と人が繋がりやすくなったという良さもありました。互いに、支援し合うことが全国規模、世界規模で可能になったのは、意味のあることでした。
そして、一番重要な「自分の言動の責任を持つ」という裏テーマが全てにおいて結果を現していました。
流れに乗っている人は、言葉にするまでもなく実行していたことと思います。ここでは、あえて言葉にして報告していますので、確認の意味で読んでくださいね。

今年のテーマ「ウキウキ・ワクワクで龍に乗る」
今年は、「引き寄せ」がスピリチュアルではなくなり、科学法則として実行される年になります。
まだ初詣でに行っていない人は、神社仏閣のようなパワースポットで、どんな世界を引き寄せたいかをオーダーすると良いそうです。すでに初詣に行かれた方でも、神社は年に1回しか行ってはいけない場所というわけではありませんから(笑)、あらためてオーダーのために参拝するのもお勧めです。

昨年の卯年は、ウサギが飛び跳ねて「今より上にいく」下には戻らない、というエネルギーでした。旧暦ではまだウサギ年なので、1/22までに高い抱負を宣言して、辰年につなぐのも良いそうです。

今年辰年の龍は、「移動の年」なので、
上下に移動して、登る人↑と下る人↓と差が出て来るそうです。
左右の移動という意味では、地球規模で海外で活動する人などのご縁があるようです。
真ん中(中道)にいる人は、上下左右を使い分けることができる、とも言えます。
その時、魂の望みにしたがって動けば、栄えるので、「ウキウキ・ワクワク」を感じるかどうかで選ぶことができます。今流行の「トキメキを感じるかどうか」というのも同じですね。

苦労の貯金(経験値)が足りないなと思う人は、まだまだ困難に向き合っても良いと思いますが、
特に、30歳以上の人は、もうすでに苦労の経験値が高まっていると思いますので、
「辰に乗りウキウキワクワク雲の上」で良いそうです。

まず、自分自身が動くことが大事だそうです。
たとえば、被災地に支援に行く…といった場合を含め、「だれかを助けたいなら、二人分以上の力が必要」ということが基本です。でないと、溺れている人を助けようとしてかえって一緒に溺れてしまったのでは、本末転倒ですので。
と、同時に、「だれかを助けようとして、実力・能力を発揮する」ということもあります。(これは、ステキなことだと思います)

そして、「この世界、自分の周りの環境は、すべて自分自身が創り出している(引き寄せている)」ということを自覚して、環境が見せているメッセージを受けとり、適切な選択でオーダーし直すということになります。
何か一つ買物するにしても、満足は得られるのか?、どう使うのか?、メンテナンスはどうするのか?、不要になったらどうするのか?、ちゃんと土に返すことができるのか?--と一連の循環を思考してから決定するのだそうです。
困難な状況だと思ったら、「素晴らしい解決方法」をオーダーして引き寄せることが出来ます。

そこには、だれかが無責任な言動をして、自分に被害が及んだら、相手に責任を取らせることも含まれています。というのも、もしいい加減な言動を許してしまうと、「わたしはないがしろにされて良いです」「私を蔑ろにして下さい」オーダーが為され、それが引き寄せでかなってしまうからです。
(もちろん、それが叶えたい状況ならオーダーできます)

相手の痛みや喜びを、我がこととして寄り添う、ということと、自分に直接関わらない事柄には無理をしない、というものもあります。この差異を理解するのは難しいかもしれませんが。
 じつは、地球上のことはすべて無関係ということはないからですが、何か改善をする時に、相手をどうこうするのではなく、まずは自分が動くということが基本、という意味です。
自分が描いて来た魂のシナリオを、どう演じるのかは、自由であり、その事を知っていれば、シナリオを改善できるということでもあります。

放射能に汚染されて、日本人に残された時間はあと4年。
魂に目覚めて、波動を上げていれば、何の心配もありません。すでに、こちらのブログ記事を読んでいただいている方々には、魂の目覚めが始まっていると思いますので、今年のテーマを参考に、安心して次の選択をしていただければと思います。
今年は、そのために必要な情報をどんどんお伝えしていく予定です。
(例によって、波動を落としたい人のための記事はありませんので;笑)

■LEO-リエル2012年の抱負--オーダーとして・コミットメントとして
・願いがかなう祈り方の詳細を記事にして、新しく本にする
・ヴィーナスセミナーの内容を書籍にして、受講者のテキストにする
・ハロースピリチュアルレインボープロジェクトを実行する(アセンション「かごめ作戦」)
・インナーチャイルドの癒しを主題にしたワークショップを開催する
・ミニツアーでのスピリチュアルワーク
・海外でのワークショップ
・などなど

 ~*~*~ 愛と感謝と祝福をこめて ~*~*~
お読みいただきありがとうございます。掲載記事は、さらに詳しい内容を書籍・CD・DVD等で頒布する予定です♪
LEOリエルのオフィシャルサイト/・メール
最新メルマガページ
ワーク&セミナーのお知らせ♪
イベントのお知らせ
セッションへのお申し込みフォーム
お問い合わせ&ワークお申し込みフォーム
ツイッター http://twitter.com/#!/angelriel
☆誉め褒めサポート(ツイッターにて)
http://twitter.com/homehome_diet
関連記事
【2012/01/01 05:08】 | ・スピリチュアルメッセージ | コメント(0) |
<<就活セミナーのご紹介 | ホーム | 年末のごあいさつ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Leo-japanリエルの   ハロー☆スピリチュアル・レインボープロジェクト


カウンセラー漫画家で歩く神社リエルの、論理的スピリチュアル解説♪ 「引き寄せの法則」の裏ワザ、アセンションに必要な「トップシークレット」等セッションの紹介もしています☆ http://www.leo-japan.com

おすすめ開運アイテム

「引き寄せの科学」→通販中

税・送料込み・おまけ付き¥1200-

最新記事

ヴィーナス女神セミナー告知   ★女神記事リンク

ツイッターleoリエル

カテゴリ

ツイッター「るちたま日記」

プロフィール

Angelリエル

Author:Angelリエル
●神代∴光=漫画家。
●リエル=歩く神社。
スピリチュアルインストラクター。
NPO認定のカウンセラー。
家族関係心理士。
レイキ・ティーチャー。
レインボーエンジェルセラピー・マスター。
リンパデトックス・セラピスト。
守護天使は☆Virtuesほか、
 ☆光のルシフェル・弥勒如来
 ☆天手力雄命
アセンションサポートのスピリチュアルセミナーも開催してます。
☆記事には著作権があります。
ブログアドレスはリンクフリーですが、メッセージの責任が負えないと困るので、文章等の転載は必ず出典ページの明記をお願いします。
☆常識・自己紹介のないコメントは削除の対象になります。ご注意ください→http://leoriel.blog105.fc2.com/blog-entry-472.html

LEOフェイスブックページ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

HMCA オーラソーマ 今日のボトルのメッセージ

感謝☆ご来者数☆感謝

応援ありがとうございます☆     精神世界ランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -