★2願いがかなう祈り方
ここは本来スピリチュアルサイトなので、引き寄せの法則実践のスピリチュアル編とも言える、「願いがかなう祈り方」をまとめていきます。
【願いがかなう祈り方】2
    引き寄せ~スピリチュアル編~
2011.4.3

http://leoriel.blog105.fc2.com/blog-entry-807.htmlの続きです。

政治や経済は、もともとのあるべき姿勢を失い、目先の小さな欲望のままに、動いているように見えますが、「本物の定義」に合わないものは、自然と淘汰されていくので、滅びるものを止めることはできません。
むしろ、今あるものが与えてくれている「気づき」をもって、ここからは「引き寄せ」を使い、本来あるべき「みんな豊かで幸せな世界」をオーダーしていただきたいと思います♪

【全てが整っていく】
最初の記事では、「前世催眠」の体験を書きました。
その後、「これは、何か重要な情報を受けとったようなんだけど、実生活では全く活かせない」とやきもきしていたところ、大学で学んだ心理学や精神分析を使って、困っている人を助けられないだろうか?という思いが強くなり、「カウンセリング」を習うことになりました。
実のところ、私はそれまで漫画家として仕事をしていましたが、自分の問題も含め、アシスタントに来る女の子たちや、アシスタント先で問題行動を起こす人々を見て、精神分析をしたり、相談にのっていたり--今とあまり変わらない生活だったのです。

これまで読んだ資料では、一番役に立ったのが、ロロ・メイの本。
ユングの精神分析も、分類のし方で役立ちました。
知人が勧めるので、加藤諦三も読みました。
まだニューエイジが新しい頃のレオ・バスカリアも同じ知人が持って来ましたし
「脳の革命」では、マズローの五段階欲求説を知り、
「脳とテレパシー」では、脳の認識のし方について知りました。

でもそれは、いつも単なる情報であり、私の中では「戦争のない世界をつくるために、人類が真の勇気を持つにはどうしたらいいか」という問いに対する材料でした。

1990年に、取材と称して、株式会社ヴォイスの「あやこバシャール」のチャネリングセッションを体験した時もそうですが、とにかく私は「情報収集」するのが好きなので、
集めた情報に、共通項があるとまとめ、相違点があるとそれを分析する、ということをやっていました。
さらに、その情報が実際に役立つのかどうかを試して、使えるとわかった段階で、みんなに伝えていました。

聴覚系で、卯年生まれで、耳が達者だから、最新情報がやってくるようで、アンソニーロビンズのコーチングに出て来るタイプでは「研究者」にあたるようです(笑)。

--ちなみに、私は、個人的にはバシャールのファンです。とても親しみを感じるので。
でも、今まではそれを言うと「バシャールのファンはみんなそう言うんだよ」と言われると思って、はしゃぎませんでした。たぶん波動近く感じるのは、数秘術でも「楽しみ」を重視する性格が、似ているからだと思います。


それでも、1993年に「プレアデス+かく語りき」という本がやって来た時は、当時「ニューエイジ系情報」と呼ばれていた内容には不信感がありました(笑)。情報の内容が、上から目線だし説教くさくて、窮屈だったんです。
折しも、1995年には、オウム真理教のサリン事件もあり、宗教を装ったマインドコントロールには、辟易していたこともあります。
それが、2000年に入ってから、流れは確実に変っていったと思います。

【カウンセリングで浄化】
私が習ったFCSのカウンセリング講座の勉強は、実践的で、人間の心理の法則の知識のほかに、ロールプレイングでどんどん実地をやります。
学ぶ時に、気づいている人もいるかと思いますが、直感の冴えている人ほど、「ごっこ」だと反応が鈍いのに、「真実」にはピンと反応することがあります。
これは、もしかしたら、練習だと気持ちが緩んで成績が伸びないのに、試合になると突然記録を伸ばすタイプなのかもしれませんが、人には、その才能・能力がある「項目」には、敏感に反応する何かがあるのかも--と思いました。

FCSのカウンセリングでは、「自分らしく生きるためのカウンセリングシート」に、少なくとも100日間、自分の能力や好きなことについて書きます。これは脳科学的にも効果が実証されている方法なので、今でもスクールの特色として、続いているものです。
それをすると、自分の才能に目覚めていきますが、うまく浄化が進むと、「本質的な能力」にも目覚めていく技法でした。

今で言えば、ジル・ボルト・テイラー博士の「奇跡の脳」に書かれているとおり、左脳が判断して制限する部分が少なくなって、右脳がキャッチしていた大量の情報を、上手に組み合わせる能力に繋がったと思います。
私は漫画を描いていたので、もともとあった感覚がさらに研ぎすまされたのでした。

それで、私の中ではどんどん「浄化」が始まり、「本質的な能力」に目覚め、自分の潜在意識とのつながりが密になっていったのです。
直感が冴えて、必要なものや・人や・状況を引き寄せやすくなっていました。

自分でも気がつくほど、何かが違って来ている…と感じていました。

ファミリーカウンセリングサービスの先生は、一般カウンセリングの相談者を前提にしていますから、スピリチュアルな話しはしない前提になっていると思います。(一部、牧師さんを招いてキリスト教的な内容で話しをしていることがありますが)
ですが、スピリチュアルな立場から内容を聞くと、実はとても納得です。(私が、スピリチュアルカウンセリングをしているということは、公にはしていないので、ご了承ください;笑)
心理的な問題や、人間関係の問題を解決するときに、必要なのは、「人間の仕組み」を理解して実践することであって、スピリチュアルに目覚めるかどうかは、個人個人の自由選択だからです。
スピリチュアルな視点があると、進みが早いのはもちろんですが。それは、のちのち記事を読んでいただければ、ご理解いただけると思います。

一般カウンセリングであろうと、スピリチュアルであろうと、人間の心と身体の仕組みは一緒なので、技法・方法が的(マト)に当たっていれば、同じ結果が出ます。
そして、特に今は「引き寄せ」が物理法則で働いている、という事実を活用するかどうかでしょう。


【「神との対話」との出会い】
カウンセリングの学校で知り合った、(スピリチュアルネーム)さやさんから、ニール・ドナルド・ウォルシュ著「神との対話」(文庫本)をもらいました。
私は情報通なところがありますが、実は、それを自覚したのは、自分で書店に行って選ぶというより、誰かがもたらしてくれることが多かったからなのです。
「神との対話」に出て来る内容は、自分がこれまでにも知っていた、ニューエージ系の内容と似ていて、カウンセラートレーニングセンターで学んだことでもあり、恩師松居桃樓先生から受け継いだ教えそのものであり、それが読みやすい形で示されていたので、とても親しみを感じました。

何より、カウンセリングの現場で役立つことも多かったので、「神との対話」の内容は、使える情報として皆に伝えるようになっていました。
プレアデス系のチャネリングの抽象的な情報より、ずっと親しみがあり、わかり易かったので。

いやむしろ、私の性格ですから、それまでの宇宙系チャネリングメッセージに対しては、
「説教して、民衆が言うこと聞くと思ったら、大間違いだ。言う通りに出来るようなら、もうやっているはず」
「地球人より自分達の方が能力が高いと思っているんなら、こっちが実行できるような内容にすべきだ」
「やれと言われて出来ないとき、人は罪悪感を持つので、さらに進みが遅れる。そのことが解らないなら、私より能力が低いという証明だし、解っていてやらないなら、性格(タチ)が悪いのか、悪意で地球人を滅ぼそうとしているのかも」
「抽象的な言いかたしか出来ないのは、具体的な表現能力がないからというなら、黙って引っ込んでやがれ(笑)」(←弥勒菩薩系のセリフ)
--と思ったのでした。(笑い話なので、本気にしないように…)

あとで判ったのは、受け取るチャネラーの側の器の大きさや役割りによって、入って来る情報量と質に違いがあるということだったのですが、その当時はそんなことは知らなかったのです。

【「聖なる予言」と出会う】
そして、あるとき「あなたの話す内容と、同じことが書かれた本がある」と言われ、渡されたのが、ジェームズ・レッドフィールド著「聖なる予言」でした。
初版は90年代ですから、かなり前からあったのに、私は「聖なる予言」を知りませんでした。(たぶん、宗教書だと思って敬遠していたと思います)
目の前に出されたので、これは出会いだな…と思って読むと--確かに、私が松居桃樓師から学んだことがらが、主人公の目をとおしたドラマチックな展開で描かれています。
秀逸なのは、人類の歴史の流れを、たんたんと説明している第二章と、
人間同士のエネルギーの奪い合いを「脅迫者」「尋問者」「傍観者」「被害者」という分類で解説している第四章~。でしょうか。

でも、それは、私が知っている世界観であり、当たり前のことでした。私はエンパスなので、エネルギーの奪い合いがあるのは日常で感じていましたし、人類の歴史観も松居桃樓師から教わっていましたし。
だから、情報の一つに過ぎなかったのです。

「神との対話」と「聖なる予言」を読めば、ほぼスピリチュアルな世界観を知ることができます。
「聖なる予言」はスピリチュアルになる手順を書いていますし、
「神との対話」に描かれる神様像が繋がる先をあらわしています

だから、私は自分がスピリチュアルになった時、この二冊をテキストにすれば、ほぼ間違いなく高次元と繋がれると思って、喜びました。
でも、一つだけ足りないものがあったのです。

「聖なる予言」は、かなり前に書かれたものだったせいか、私が体験したような、高次元との楽しいやりとりがあまり描かれていません。
「神との対話」に出てくる神様は、親しげで、フランクで、友人のような存在…それは、前世催眠の守護天使と同じだなと理解できます。
それが、「聖なる予言」では、何かが違う。スピリチュアルに対する恐れや、罪悪感が描かれているのはわかるけど、そうだ「神の許し」が描かれていない--まぁ、それは「神との対話」でフォローできるとして…
続きのシリーズを読むと…怒りや恐怖が、怒る人を引き寄せている--
そう、「引き寄せの法則」が書かれてなかったのでした!
情報として、二冊はさまざまな真理を表現していますけれど、詳しいことが書かれていない、と言えます。担当分野が違うので、仕方ないとも思いますが。

私は、松居桃樓師の「黙示録の秘密」や、「消えたイスラエル十部族」の取材をとおして、「神の許し」について学んでいたので、それを何とか表現しようとして、1988年に「ノストラダムスの真黙示録」というマンガを描いていました。
その当時、まだ「引き寄せの法則」という言葉はなかったのですが、「マーフィーの潜在意識の法則」については知っていたので、マンガを描くと、それが現実化する・または物質化してやって来る、という体験をしていました。
だから、自分の思考やイメージが、現実を引き寄せていることは知っていました。

クラドニの実験も知っていました。
ただ、その当時の私にとって、マンガのネタとして活かせないものは、ただの情報でした。
カウンセラーになるまで、その情報が、人生や人類の進化や地球のアセンションにかかわるほど重要なものだとは、気づいていませんでした(笑)。
・神の許し
・エネルギーの奪い合いのしくみ
・引き寄せ
--その3つが揃った時に、真のスピリチュアルが始まるのでした。

これに「奇跡の脳」の
・右脳がワンネスを見ている --が加わると、全ての謎が解明されて来ると思います。

「聖なる予言」の中に、「互いのエネルギーを見る」「エネルギーの奪い合いを見る」というシーンがあったため、「このエネルギーは気功とかでいう[気]のことかしら?私も、エネルギーが見えるようになったら、何かの役に立つかも~」と思いました。
そして、鹿児島で「レイキ」というヒーリングをしている人のことを思い出しました。
「霊気」というくらいだから、レイキをすれば、気の流れが見えるようになるかもしれない…という安易な発想だったのですが、もうスピリチュアルな流れは始まっていて、何もかもがトントントンと進んでいました。
翌年、ある新年会で出会った「カラーエンジェルス」の田邊先生が「レイキ」をしていると聞き、さっそっくお願いすることに。
私にしては、その金額に対して、異例といえる即断即決でした(笑)。

そして、自分の守護天使と再会することになったのです。
つづく--

この内容は、Angeling講座の1にあたるものです。受講された方は、確認として読んでいただければと思います。(講座では、講義内容のほかにサポートカウンセリングが付きますので、具体的な浄化やアドバイスが必要な方にお勧めです)

・願いがかなう祈り方.1 前世催眠の体験
 http://leoriel.blog105.fc2.com/blog-entry-807.html
・願いがかなう祈り方.2 神との対話・聖なる予言
 http://leoriel.blog105.fc2.com/blog-entry-810.html
・願いがかなう祈り方.3 これまでのプロセスまとめ
 http://leoriel.blog105.fc2.com/blog-entry-818.html

前世催眠療法の体験記事は、こちら
・天使のメッセージ・1「生きがいの催眠療法」(2002.4.2)
 http://www.leo-japan.com/Co_01saimin.html
ちなみに、一般向けの
・引き寄せの法則、科学編はこちらから
http://leoriel.blog105.fc2.com/blog-entry-716.html

~*~*~ 愛と感謝と祝福をこめて ~*~*~精神世界ランキング
お読みいただきありがとうございます。掲載記事は、さらに詳しい内容を書籍・CD・DVD等で頒布する予定です♪
LEOリエルのオフィシャルサイト/・メール
最新メルマガページ
ワーク&セミナーのお知らせ♪
イベントのお知らせ
セッションへのお申し込みフォーム
お問い合わせ&ワークお申し込みフォーム
ツイッター http://twitter.com/#!/angelriel
☆誉め褒めサポート(ツイッターにて)
http://twitter.com/homehome_diet
関連記事
【2012/04/17 23:46】 | ・スピリチュアルメッセージ | コメント(0) |
<<★3願いがかなう祈り方 | ホーム | ヴィーナスセミナー合宿の報告記事リンク>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

Leo-japanリエルの   ハロー☆スピリチュアル・ レインボープロジェクト


カウンセラー漫画家で歩く神社リエルの、論理的スピリチュアル解説♪ 「引き寄せの法則」の裏ワザ、アセンションに必要な「トップシークレット」等セッションの紹介もしています☆ http://www.leo-japan.com

おすすめ開運アイテム

「引き寄せの科学」→通販中

税・送料込み・おまけ付き¥1200-

最新記事

ヴィーナス女神セミナー告知   ★女神記事リンク

ツイッターleoリエル

カテゴリ

ツイッター「るちたま日記」

プロフィール

Angelリエル

Author:Angelリエル
●神代∴光=漫画家。
●リエル=歩く神社。
スピリチュアルインストラクター。
NPO認定のカウンセラー。
家族関係心理士。
レイキ・ティーチャー。
レインボーエンジェルセラピー・マスター。
リンパデトックス・セラピスト。
守護天使は☆Virtuesほか、
 ☆光のルシフェル・弥勒如来
 ☆天手力雄命
アセンションサポートのスピリチュアルセミナーも開催してます。
☆記事には著作権があります。
ブログアドレスはリンクフリーですが、メッセージの責任が負えないと困るので、文章等の転載は必ず出典ページの明記をお願いします。
☆常識・自己紹介のないコメントは削除の対象になります。ご注意ください→http://leoriel.blog105.fc2.com/blog-entry-472.html

LEOフェイスブックページ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

HMCA オーラソーマ 今日のボトルのメッセージ

感謝☆ご来者数☆感謝

応援ありがとうございます☆     精神世界ランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30